ゴルフに効くエクササイズで、夏に向けてスコアもボディもシェイプアップ!【ピラティス応用編①】

GW明けから順調に増量し、ようやく重たいカラダを上げてダイエットを決意したReginaスタッフが「ピラティス」にトライ。「たるんだカラダもゴルフのスコアも絞れる♪」と聞きつけ、新宿にあるピラティススタジオ「The Pilates Tokyo」に潜入! 元タカラジェンヌという華やかな経歴を持つ、素敵なHANAE先生にゴルフに効くピラティスを教えてもらいました。

↓読む前に「基本編」もCHECK!

ゴルフに効くエクササイズで、夏に向けてスコアもボディもシェイプアップ!【ピラティス基本編】

目標は「美ボディから繰り出すビッグドライブ!」

ゴルファーなら誰もが目指す「飛距離アップ」。スリムなのに、どうしてあんなに飛ばせるんだろう…そんな女性を見たことはありませんか? そう、飛距離アップの秘訣は腕の力や体重ではなく、上半身の可動域を広げること。つまり、肩甲骨を鍛えて柔らかくすることで、大きなパワーを生み出し飛距離が伸びるのです。今まで不思議に思っていた飛ばし屋のスリムな女性は、おそらく鍛えあげた肩甲骨を活かしてショットをしているのでしょう。もしかしたら、ピラティスを取り入れているかもしれませんね!

【1】背中の柔軟性をアップさせるキャットストレッチ

前回は、ピラティスに欠かせない背骨や骨盤を意識する基本動作や、呼吸法をお伝えしましたが、今回は本格的なエクササイズ体験。強度も難易度も一段とアップしますが、まずは比較的簡単な「キャットストレッチ」。

まずは背筋を真っすぐにした四つん這い。息を吐きながら、背中を丸め、頭も下げて、おへそを見る。ここでお腹も意識すると腹筋にも効果的。次は、息を吸いながら、背中を反り、肩甲骨を集める意識をしながら顔は上に上げます。この動きは、私が通っているヨガでも行われる気持ちいいポーズなのですが、ピラティスでは、「背中の骨を動かして」と口を酸っぱくして言われるので、意識しながら行うと結構大変です! でも、これを正確に行えるようになれば、背中の柔軟性はもちろん、腹筋やヒップアップにも効果アップ。肩が安定するから腕だけでクラブを振ることもなくなります。手軽に行えるので、ぜひ自宅でもトライしてみてください。。

【2】うつ伏せから背中を起こす動きで美しいフィニッシュを

飛距離がアップして、さらに美しいフィニッシュが取れたらかっこいいですよね。振ったあとにどうしても、バランスを崩して不格好になってしまうのが私の悩みの種。先生いわく、背面を鍛えれば、フィニッシュをキープする力がつくそうです!

うつ伏せの状態で、腹筋を意識しながらまず、両手・両足を床から少し浮かせます。このとき、お腹はへこませ、お腹の下に空洞を作るように。頭も浮かせてひじを前にまっすぐ伸ばし、左右反対の手足を交互に上げていきます。上げた手足は遠くへ伸ばすイメージで行うのがポイントだそうです。これは背面を鍛えるだけでなく、ヒップアップにも効果的です

今回は、飛距離アップへの最短近道、肩甲骨と背中を鍛える2つのエクササイズを紹介しました。加齢に伴い、たるんでいく背中のお肉もこれでスッキリ! 引き締まった背中はゴルフウェアもかっこよく着こなせるし、ラウンド中は、後ろ姿にも注目が集まるので、今のうちに引き締めておきたいですよね! 次回は私が一番苦手とする「腹筋」…。これは女性の永遠の悩みですよね。でも、短期間で効果が実感できる部位なので、梅雨が明ける前にやっつけちゃいましょう!

教えてくれたのはここのスタジオ!
The Pilates Tokyo 新宿店

〒160-0023 東京都新宿区西新宿1-13-12 西新宿昭和ビル 10階
TEL:050-1746-2877

 

 

 

 

 

おすすめの記事

  
 
 

Recent articles 最近の記事

Recommended articles 注目記事

Instagram Feed

Something is wrong.
Instagram token error.