毎月のおこづかいはとゴルフ予算の関係は?【女性ゴルファー実態調査2021】

ゴルフ歴に平均スコア、予算、持っていくアイテムまで。なかなか聞きにくいけれど、他の女性ゴルファーがどうしているのか、やっぱり気になりますよね。2021年もRegina-webユーザーのゴルフ女子396人にアンケート調査を実施。今回は前回に引き続きおこづかいとゴルフ予算という、マネー事情について紹介しましょう!

Professional woman golf player choosing the golf club from the bag

◆毎月のおこづかいは5〜10万円が最多だけど、年間のゴルフ予算は?

前回、気になる年収と職業、毎月のおこずかいについてご紹介しました。毎月のおこずかいでは最も多かったのが5〜10万円という結果に、「いいな〜〜」と思った人は多いはず。

年間のゴルフ予算は?

では、ゴルフ用品にはどのくらいお金をかけているのでしょうか。2020年12月に実施したアンケートによると、年間のゴルフ予算は5万未満が最多で、次いで5万〜10万円、10万〜30万円と少しずつ減っていきます。ただ、このゴルフ予算のなかには、ラウンドや練習費用は含まれないので、純粋にクラブやシューズ、ウエアにかけたお金ということ。おこづかいとは別の調査にはなるものの、意外と手堅い配分に「さすが!!」「なるほど〜!」と納得感がある人も多いのではないでしょうか。

◆ではドライバー・アイアンの買い替え頻度は?

ドライバーの買い替え頻度は?
アイアンの買い替え頻度は?

ちなみに、2020年12月の調査では、ドライバーとアイアンの買い替え頻度についても聞いてみましたが、どちらも最多は「壊れない限り5年間以上使用する」でした。もちろん1年のうちに買い換える人もいますが、少数派。3年〜4年とじょじょに買い換える人は増えていきますが、それでも多数派は「壊れない限り使使用する」です。そういえば、中古ショップに関心がある人も6割と多数派でしたし、「ゴルフクラブとお金」という面では、シビアに考える人が多いのかもしれませんね。

また、ゴルフ以外の関心事として旅行、ファッション、ダイエット、美容医療、株式投資があげられていました。女性ゴルファーは、比較的自由になるお金があってあっても、ゴルフだけでなく、美容やファッション、そして車など、さまざまなものにお金がかかる・お金をかけているというのがリアルなのかもしれません。

本アンケートはRegina-webユーザーに実施した内容です。※このアンケートは2020年12月(N=469)、2021年3月(N=396)に行いました。  イメージ画像/Adobe Stock