森田理香子直伝「傾斜地は構え方で決まる!」

ツアー通算7勝を挙げ、2013年には賞金女王となった森田理香子プロによるレッスン連載、今回は傾斜地での打ち方を教えてもらいます。ゴルフコースは傾斜がつきものです。練習場のように平らな状況ではうまく打てるのに、傾斜地になるとダフリやトップなど、ミスショットに悩む方も多いと思います。森田プロによれば傾斜地の攻略は構えがポイントといいます。ツマ先上がりとツマ先下がりの傾斜をさっそくチェック!

森田理香子プロ直伝のレッスンを見る!

ツマ先上がりはクラブを短く握ってボールの近くに立ち、横振りのイメージでインサイドに振り抜く

傾斜地は、普段なかなか練習できないので仕方ありませんが、構えを少し変えるだけでちゃんと芯に当たるようになるのです。プロゴルファーは、常にボールのライや傾斜を確認して短時間の中で傾斜に合った構え方を考えて打っています。

ツマ先上がり、ツマ先下がり、左足上がり、左足下がりと大きく分けると4つの傾斜があります。それぞれの傾斜に合った構え方を覚えましょう。

最初は足元よりもボールが高い位置にあるツマ先上がりです。例えば、ボールが腰の高さにあると、スイングはどうなるでしょうか。野球のように横振りになりますよね。ボールがヒザの高さぐらいでも自然と横振りになるので、ボールは左に飛びやすくなります。傾斜に逆らって真っすぐ飛ばそうとするのは、プロでも難しい高等技術です。ボールが左に曲がることを受け入れて、目標を右に取って構えます。特にロフトのついたショートアイアンやウェッジは曲がりやすくなります。

ツマ先上がりの傾斜にいったら、絶対にクラブは短く持ってください。長く握ったままだとボールとの距離が遠いので、余計に横振りになって、想定以上に左に曲がることがあります。グリップの先端を持つぐらい短く握り、少しボールに近づいて、ボールを真上から見るイメージで構えます。ツマ先上がりだとカカト側に体重が乗りやすくなりますが、スイングのバランスが悪くなるので、足の裏の真ん中、土踏まずに体重を感じましょう。また、ボールの位置はスタンスの真ん中に置きます。左足寄りに置くと余計に左に飛びやすくなるので注意してください。

スイングのイメージとしては、バックスイングはいつもよりインサイドに上げて、フォロースルーもインサイドに振り抜きます。カット軌道やフォロースルーでアウトサイドに振り抜こうとすると傾斜に当たってしまうので、しっかりと横振りの意識を持ちましょう。そして、傾斜地の鉄則としてフルスイングはしないこと。平らな状況から打つよりも大きめの番手も持って、ちょこんと打つイメージです。しっかりミートして飛ばすことが大切です。

グリップの先端を持つぐらい短く握って、ボールの近くに立ってボールを真上から見るイメージで構える。ボールが左に曲がると想定して目標は右に設定する。クラブを長く握ってボールから離れて構えると余計に左に曲がりやすくなるので注意

ボールは体(スタンス)の真ん中に置くのがベスト。左足寄りに置くと大きく左に曲がってしまう。右に置きすぎると右に飛び出しやすい

横振りをイメージしてバックスイングは、いつもよりインサイドに上げる。フォロースルーも目標より左にヘッドを出すイメージでインサイドに振り抜く。フルスイングはせずにコンパクトに振る

ツマ先下がりは膝を曲げて腰を落として、右足を引いて構える

続いてボールの位置が足元よりも低いツマ先下がりです。ツマ先上がりとは逆で右に飛びやすくなる傾斜なので、右に飛ぶことを想定して目標を左に取ります。ボールが足元よりも低い位置にあるので、クラブはいつも通り長く持ってください。ボールの位置は真ん中です。

ツマ先下がりはツマ先に体重がかかりやすくなります。スイングのバランスが悪くなってしっかりミートしにくいので、土踏まずに体重が乗るように、膝を曲げて腰を落とします。そのまま打つと、バックスイングで右ヒザが邪魔になって、アウトサイドにクラブが上がって体が止まって、ボールが左に飛んでしまいます。目標を左に取って膝を曲げたら、右ヒザが邪魔にならないように半歩ほど後ろに引いて、クローズスタンスにするのがポイントです。バックスイングでインサイドにクラブを上げられて、体もしっかり回ります。

ツマ先下がりも、フルスイングはせずに大きめのクラブでちょこんと打つイメージです。平らなライと違って傾斜地はただでさえボールに当てるのが難しい。大振りすると余計にミート率が悪くなります。バックスイングは手元が右肩の高さ、フォロースルーは手元が左肩の高さで止まるように、コンパクトなスイングで芯に当てることを優先させましょう。

足元よりボールの位置が低いので、短く握ると届かずにトップしやすい。クラブはいつも通り長く持ち、ボールは真ん中に置いて構える

ボールが右に飛びやすいので目標を左に設定する。ツマ先に体重がかかりやすいので、土踏まずに体重を感じるように膝を曲げて腰を落とす。そしてバックスイングで右ヒザが邪魔にならないように右足を半歩後ろに引いてクローズスタンスにする

バックスイングでアウトサイドにクラブが上がると、体が止まって手打ちになり、左に真っすぐ飛んでしまう。インサイドに上げて体をしっかり回す。バックスイングもフォロースルーも手元は肩の高さまでのコンパクトに振る。ツマ先に体重がかかるとバランスを崩すので土踏まず体重をキープする

森田理香子プロフィール

もりた・りかこ/1990年1月8日生まれ、京都府出身。ツアー通算7勝。2008年にプロ入入り。10年の「樋口久子IDC大塚家具レディス」でツアー初優勝。13年には年間4勝を挙げ、23歳で賞金女王に輝いた。18年を最後にツアーから撤退し、現在はゴルフウェアのプロデュースや、ゴルフ中継の解説などで活躍している。スイングの動きを見直したら、ドライバーの飛距離は現役時代より10ヤード伸びたという。

撮影/福田文平 取材・文/小高拓