スイングにはとても重要! あなたのお尻強度をチェックします!

地元・広島では行列のできるレッスンプロとして、アマチュアゴルファーのカリスマ的存在である木原睦美プロ。その分かりやすいレッスンは、Reggina読者にも大人気です。 今回はお尻の筋肉をどれだけ使えているのかをチェックする方法を紹介しましょう。

木原睦美プロ

◆腹筋がクイーンならお尻の筋肉はキング!

ゴルファーの体に関係するあらゆる研究を行うゴルフフィットネスの総合機関であるタイトリストパフォーマンス研究所の発表によれば、腹筋がクイーンでお尻の筋肉がキングと呼ばれています。つまり、ゴルフスイングにおいて、最も大きなエネルギーを放出するのがお尻の筋肉なわけです。

ところが、お尻の筋肉って日常生活を送るだけではなかなか鍛えられないんですよね。デスクワークで座り仕事が多い人は、まずお尻の筋肉を使いませんし、立っていてもそれほど使ってはいないんです。そんな人がゴルフスイングを行うとどうなると思いますか?

上体の前傾姿勢をキープすることが難しく、ダウンスイング以降でお尻がペコンと前に出た形になります。いわゆるへっぴり腰のような形です。これでは、ボールにパワーをしっかり伝えることができません。当然ミート率も下がります。 それほど大切なお尻の筋肉ですが、トレーニング方法はいろいろあるものの、どれだけ自分のお尻に筋肉がついているのか、判断しかねるところです。まずは一度自分のお尻筋肉がどれぐらい強いのかチェックしてみましょう。

前傾姿勢をキープしたいならお尻を鍛えましょう! 画像①

お尻の筋肉を鍛えていない人はダウンスイング以降で前傾姿勢をキープできず、お尻が前に出る形になります

◆お尻の筋肉を使えている人はわずか1割

それではお尻の筋肉をチェックする方法を紹介します。リラックスした状態で床の上にゴロンと仰向けになりましょう。両ヒザを曲げて、太モモとふくらはぎが90度ぐらいになるようにします。このとき両足はきちんとつけておいてください。

両腕を天井に向かって真っすぐ伸ばしたら、両手のひらを合わせて合掌のポーズをつくります。そのままの形でお尻を持ち上げ、肩からヒザまで体が一直線になる形をつくりましょう。そこから左右どちらかの足を上げて肩から一直線になるように伸ばします。この状態で可能な限り静止してください。

実は女性や年配の方はお尻の筋肉が減っていく傾向があるんです。お尻と太モモが同じ太さの人は要注意ですね。このような人はお尻ではなく太モモ裏の筋肉を使って先ほどの体勢をつくろうとします。割合でいえば6割の人が相当するんですよ。さらに、お尻、太モモ裏の筋肉が弱い人は背筋を使います。割合は3割ほどですね。結局、お尻の筋肉を使うことができるのは、わずか1割の人だけです。

したがって、静止状態の時間もどこの筋肉を使っているかによって変わります。お尻の筋肉を使えている人は20秒ぐらいいけるはずです。太モモ裏の筋肉を使う人は14秒ぐらい。そして背筋を使っている人は6秒ほどでしょう。
時間を目安にして自分がどこの筋肉を使っているのか分かりますが、この動作の後、筋肉が張る場所を確認してください。そこがあなたのよく使っている筋肉です。

次回はお尻の筋肉を鍛えるトレーニング法を紹介しますので、お楽しみに!

前傾姿勢をキープしたいならお尻を鍛えましょう! 画像②

仰向けになり、ヒザを90度に曲げます。このとき両足はつけておきましょう

前傾姿勢をキープしたいならお尻を鍛えましょう! 画像③

両手を天井に向かって真っすぐ伸ばし、両手のひらを合わせて合掌のポーズをつくります

前傾姿勢をキープしたいならお尻を鍛えましょう! 画像④

腰を持ち上げ、肩からヒザまで体が一直線になるようにします

前傾姿勢をキープしたいならお尻を鍛えましょう! 画像⑤

片足を伸ばして、肩から足までが一直線になる形をつくったところで静止しましょう

◆教えてくれたのは…

木原睦美/広島県を拠点に全国を飛び回る人気のティーチングプロ。生徒からは「むっちゃん」の愛称で親しまれ、多くのゴルファーをオンライン・オフラインで指導している。

YouTube「木原睦美のHappyゴルフ」で、独自のゴルフ理論を展開中。公式LINEアカウントも開設!

撮影/福田文平 取材・文/山西英希 撮影協力/アコーディア・ガーデン東京ベイ、ユピテル ゴルフスイングトレーナー(GST-7 BLE)