田中瑞希プロのスコアアップ大作戦 フェアウェイウッドは振り幅を変えないのが正解!

身長151センチと小柄ながら、パワフルなドライバーショットとキレのあるアイアンショットを武器に、国内ツアーで活躍する田中瑞希プロ。今シーズン、シード権獲得はもちろん、ツアー初優勝を狙います。その田中プロが女性アベレージゴルファーのために、スコアアップの秘訣をレッスン! 第4回はフェアウェイウッドの活用法についてです。

関連リンク:田中瑞希プロのスコアアップレッスンはこちらから!

合わせて読みたい:【田中瑞希プロ連続写真】長身さんも小柄さんも、誰だって飛ばし女子になれる!

◆左腰を元の位置に戻すことからダウンスイング開始

フェアウェイウッドは、アイアンやユーティリティよりも距離を稼げるので、上手く打てるようになると大きな武器になります。特に女性ゴルファーの場合、2打目で長い距離が残りやすいだけに使用頻度が多く、マスターしておくとスコアメイクも楽になります。

ドライバーショットにも言えますが、飛距離を期待できるクラブでチョロのようなミスは致命的です。確実にボールをヒットすることを第一に考えましょう。そのために避けたいのが、ボールを上げようとする意識です。フェアウェイウッドは地面にあるボールを打つため、ボールが上がりにくいという先入観を持ってしまいがちです。その結果、ボールを上げようとして、ダウンスイングで右肩が下がったり、インパクトで上体が起き上がります。どちらもダフリやトップといったミスの原因になるので気をつけましょう。

インパクトでボールをしっかりコンタクトできれば、自然に高く上がります。まずは、上げたいという気持ちを捨て、ボールにフェースをぶつけることだけに集中しましょう。ただし、ぶつけるといっても上から打ち込むのはNGです。横から払うつもりで打ちます。

トップまでクラブを上げたら、左腰を元の位置に戻すことからダウンスイングを始め、体重を左足に移動します。インパクトではとにかくボールを見ておくこと。この2つができれば、ボールを上げる動きと上体が置き上がる動きを抑えられます。

トップまでクラブを上げたら、左腰を元の位置に戻すことからダウンスイングを始めると、正しい軌道でのクラブを下ろせるのでミート率がアップします

両手を交差したシャドウスイングを行い、左腰を元に戻すことから始めるダウンスイングの感覚をつかみましょう

ボールを上げる意識が強いとインパクトで上体が起き上がり、ボールの頭を叩いてしまうので気をつけましょう

◆距離を落としたいならクラブを替えましょう

「5番ウッドでグリーンを狙いたいけど、ナイスショットしたらグリーンをオーバーしそう」という状況を迎えたことってありませんか? アイアンショットなら多少振り幅を小さくすることで距離をコントロールできますが、フェアウェイウッドで振り幅を小さくするのは禁物です。なぜなら、振り幅を加減することによってスイング自体が縮こまり、ボールをジャストミートしにくいからです。当然、ミスショットの確率がグンと上がるので、左右に大きく曲がったり、ダフリ、トップが出ます。

グリーンの手前でもいいから距離を落としたいと思うなら、迷わずクラブを替えるべきです。5番ウッドなら7番ウッドかユーティリティにするべきでしょう。長いクラブではしっかりとフルスイングしたほうがいい結果を得られます。

フェアウェイウッドでのボールの位置はドライバーよりも1個分ほど内側に入ります。アドレスでは左右均等の体重配分で構え、腕や肩から余計な力を抜きましょう

腹筋に力を入れて上体を捻転します。中途半端な大きさではなく、常にフルスイングを心がけます

インパクト前からインパクト後までボールがあるところから視線を外しません

フィニッシュまでしっかりと振り抜きましょう

◆教えてくれたのは…

田中瑞希プロ たなか・みずき/1998年生まれ、熊本県出身。2019年に3度目の挑戦でプロテストに合格。小柄ながらドライバーの平均飛距離は約243ヤード。今季の開幕戦、アース・モンダミンカップでは3位タイで注目を浴びる。ツアー初優勝を期待される黄金世代のひとり。

.

取材・文/山西英希 撮影/鈴木祥 取材協力 グランドチャンピオンゴルフクラブ

◆kindle版も登場!Regina2020秋冬号はこちら