田中瑞希プロのスコアアップ大作戦!ドライバーショットを豪快に飛ばしましょう!

身長151センチと小柄ながら、パワフルなドライバーショットとキレのあるアイアンショットを武器に、国内ツアーで活躍する田中瑞希プロ。今シーズン、シード権獲得はもちろん、ツアー初優勝を狙います。その田中プロが女性アベレージゴルファーのために、スコアアップの秘訣をレッスン! 第3回はドライバーの飛距離アップについてです。

関連リンク:田中瑞希プロのスコアアップレッスンはこちらから!

合わせて読みたい:小柄ながらパワー全開のスイングを解説!

◆バックスイングでは右ヒザを正面に向けたままにしましょう

ボールを遠くへ飛ばしたければ、ヘッドスピードを上げることです。そう言うと皆さんは一生懸命にクラブを素早く振ろうとしますが、ここに大きな誤解があります。クラブは振るものではなく振らされるものなんです。

クラブを素早く振ろうとした時点で腕に力が入ります。これだと結果的にダウンスイングでヘッドスピードが減速します。ダウンスイングからフォローにかけて加速していくには、腕の力を抜くことです。あくまでも下半身リードのスイングを心がけましょう。

スイング中に力を入れるのは下半身です。バックスイングでは右サイドへスエーしないように右ヒザを正面に向けたままにしておくと、左肩が右足の前まで移動して上体をしっかり捻転できます。同時に右足股関節の上に上体がしっかりと乗り、パワーを貯めることができます。形としては、トップで右のお尻から太モモが張るのが正解です。

体を回そうとして、右ヒザが目標の反対側を向くぐらい体を回すと、飛球線後方から見た場合、クラブヘッドが目標の右を指す形になり、ダウンスイングの際、正しい軌道に沿ってクラブを下ろすことが難しくなります。結果的にパワーをロスするため飛距離が落ちる原因になるので気をつけましょう。

バックスイングでは右ヒザを正面に向けたまま上体を捻転しましょう

右足股関節の上に上体が乗るようなトップをつくりましょう。このとき、右のお尻から太モモにかけて張るのが正解です

右ヒザが目標の反対を向くようなトップになると、クラブヘッドが目標の右を指す形になるので、ダウンスイングで正しいスイング軌道に沿って下ろしにくくなります

右ヒザを正面に向けたトップだと、クラブが正しい位置に上がります

◆ダウンスイングでは左足で地面を押してみましょう

ボールを飛ばすドライバーショットの手順について簡単に説明しましょう。まず、ボールを左足カカトの延長線上にセットし、体重をツマ先寄りでもカカト寄りでもなく、左右の足の裏全体で感じられるような配分で構えます。上体の力を抜き、グリップにも力を入れません。

テークバックではおへそ付近の腹筋を右に回しつつ、肩と腕でできる三角形を崩さずにクラブを上げていきます。クラブヘッドが右足の前を通過するまでは、飛球線に沿って上げましょう。右のお尻から太モモにかけてテンションを感じつつ、トップまでクラブを上げたら、左ヒザを元の位置に戻すイメージで腰を回します。両ヒザが正面を向いたら、あとはそのまま腰を回転しますが、左ヒザが目標方向に流れないようにしっかりと踏ん張ります。

左足で地面を押すイメージを持ちますが、このとき左ヒザが伸びても構いません。あとはフィニッシュまで振り抜くだけです。

ボールを左足カカトの延長線上にセットして、体重を左右の足ウラ全体で感じます

ヘッドが右足の前を通過するまでは飛球線に沿ってクラブを上げます

肩の腕でできる三角形を崩さずに腹筋を目標の反対に向けるつもりで上体を捻転します

トップでは右足股関節の上に上体を乗せます

両ヒザが正面を向くように腰を回し戻します

左ヒザが目標方向に流れないようにしつつ、左足で地面を押します。この時左ヒザが伸びても構いません

フィニッシュまで一気に振り抜きましょう

◆教えてくれたのは…

田中瑞希プロ たなか・みずき/1998年生まれ、熊本県出身。2019年に3度目の挑戦でプロテストに合格。小柄ながらドライバーの平均飛距離は約243ヤード。今季の開幕戦、アース・モンダミンカップでは3位タイで注目を浴びる。ツアー初優勝を期待される黄金世代のひとり。

.

取材・文/山西英希 撮影/鈴木祥 取材協力 グランドチャンピオンゴルフクラブ

◆kindle版も登場!Regina2020秋冬号はこちら