【河本結アプローチレッスン】絶対ザックリしないアドレスの作り方

今、大注目の河本結プロに、パーオンを逃しても寄せワンのパーが拾えるテクについて教えてもらいました。1回目は「絶対にザックリしない」というアドレスの作り方をご紹介。さっそくチェックしていきましょう!

河本結プロ

こちらもチェック!【河本結が挑戦】絶対日やけしたくない女性ゴルファーは真似すべし!ベースメイク&『顔の日やけ止め』塗り直し術

◆ボールを上げようとするとザックリに!

アプローチでザックリをしてしまう。その原因のひとつにボールを上げようとして、インパクトで右足体重になるケースが挙げられます。

これを防ぐには、アドレスで6対4の左足体重を作り、スイング中、それをキープすることが大事。そこで今回は、私もやっている「体重配分をキープするため」のアドレスの作り方をお伝えしましょう。

大事なことは、構えたときに左股関節を入れることです。これはアプローチに限らずショットでも重要で、これを行えば、右足体重になることはありません。

構える前に、右足を後ろに引いて左足だけで立ってみましょう。そうすると左股関節が入る感じが分かります。そのあと右足を戻して元に戻すと、左股関節が入ったアドレスになるんです。

練習では、右足を後ろに引いてツマ先立ちになり、左足1本でボールを打ってみてください。上から打つインパクトが身に付くと同時に、左足体重のまま打つ感覚も分かります。 

◆構える前に右足を引くと、左股関節が入ったアドレスに!

構える前に、右足を後ろに引いて体重を左股関節に乗せます。そのまま右足を戻して構えることで、左足体重がキープできます。左股関節が入った、軸ブレしないアドレスの完成です!

◆YouTube「河本結ちゃんねる」もチェック!

YouTube「河本結ちゃんねる」も大好評の河本プロ。レッスンやトレーニングなどゴルフに関すること、アメリカでの日常生活や、“英語で優勝スピーチをする”という夢をかなえるための英会話レッスンの様子を中心に配信中です。ぜひチェックしてくださいね!

◆河本結プロ プロフィール

河本結プロ 1998年8月29日生まれ。愛媛県出身。163cm。2018年7月にプロテスト合格(90期生)。2019年「アクサレディスゴルフトーナメント in MIYAZAKI」優勝。19年度賞金ランキング6位。2020年からは米ツアーに参戦。スポーツ歴/サッカー、空手、陸上。趣味/映画鑑賞、カラオケ。好きな色/ピンク。好きなスポーツ選手/イチロー、タイガー・ウッズ、トミー・フリートウッド。日本体育大学在学中。リコー所属。(写真/Getty Images)

ALBA 801号より 構成/真鍋雅彦 写真/相田克己  取材協力/キングフィールズゴルフクラブ