【渋野日向子プロ連続写真】お手本のようなスイング! 正確でコンパクトなアプローチ

コースや練習場で、ボールを打ってスキルアップするのもいいけれど、じつはイメージトレーニングも、女性ゴルファーにとって欠かせない練習法です。プロの動きを見て、同じように自分がスイングしている姿を思い描くのがコツ。鏡の前でマネするのも効果的です!

バックナンバーをチェック!女子プロのスイングをプロコーチが解説シリーズ

ヘッドを返さずそのままボールを前に運ぶ

Getty Images

渋野日向子プロは、スタンス幅が狭いのが特徴で、カラダのムダな動きを防ぐため、再現性の高いスイングで正確なアプローチを生んでいます。アマチュアがマネしたい、お手本のようなスイングなので、ひとつひとつのコマの動きをぜひイメージトレーニングしてみてください。また、同じスイングでスタンスとフェースの開き加減を少し変えるだけで、ピッチ&ランも、ボールを上げるアプローチもできるでしょう。

狭いスタンスで足の動きを制限し、カラダの回転で振る

START! 重心は左6:右4

アドレスをこぶし一個くらいに狭くすると、足の余計な動きが制限される。重心は左6:右4

両脇を軽く締め、腕と上体が一体になりカラダの回転で始動。回転以外はアドレスと同じカタチ。

コックは抑え、トップでも手首の角度はアドレス時と同じ。

手の甲は正面

腰は正面に向いたままで、手の甲も正面。手の甲が上を向くと、フェースが開きすぎてミスにつながる。

左手の甲はターゲットを向いている。ボールをしっかりとらえることができる。

インパクト以降は、自然にヘッドが手の位置を追い越していく。

ずっと頭の位置が変わってない!

アドレスからフィニッシュまで、重心は変わらない。

FINISH!

◆解説してくれたのは…

石井忍プロ。日本大学ゴルフ部を経て1998年プロ入り。ツアーに参戦。2010年よりコーチに転身し、プロをはじめ多くのプレーヤーをサポート。また、雑誌やネットを中心としたメディア活動など、多岐にわたり活動中。千葉市と東京・神保町、赤坂にてゴルフスクール「ACE GOLFCLUB」を主宰。実戦的かつ理論的でわかりやすいレッスンに定評がある。

渋野日向子プロ。1998年11月15日生まれ/2018年プロテスト合格/2019年度「全英女子オープン」優勝、国内ツアー4勝、賞金ランク2位/岡山県出身/サントリー所属。

Regina 2020年初夏号より掲載 撮影/渡辺義孝、村上航、Getty Images エディター/たかはしよし子 

おすすめの記事