【臼井麗香プロ】“擬音”でつくる高再現性スイング【飛距離を出したいなら“バーン!”】

おしゃれで強くてかわいい!と、女性ゴルファーからも注目を集める、黄金世代・臼井麗香プロ。臼井プロがレベルアップするために活用したという“擬音”について、臼井プロと大本コーチに聞いてみました。

臼井麗香プロはコレでうまくなった!「“擬音”スイング」は女性ゴルファーもマネできる!

今回は、飛距離アップできる擬音をご紹介。飛距離アップを重視したいなら、臼井プロが今年から実施している『バーン!』という擬音を頭に思い浮かべて打つのがお勧めです。

写真/Getty Images

◆『バーン』に変えたらヘッドスピードがアップします!

臼井プロ(以下、臼井):昨年まで私は方向性重視だったので、『パン、パーン!』の擬音で打っていました。

大本コーチ(以下、大本):ボールを曲げたくない人には有効ですね。最初の『パン』はトップをコンパクトにする効果があり、次の『パーン』でインパクトからフィニッシュまで振り抜くイメージになります。

臼井:今年は飛距離を伸ばしたかったので、フェアウェイの幅に関係なく、全てのドライバーショットを『バーン!』に変えたんです。すると、飛距離が10ヤード伸びました。

大本:基本的に『バーン』の擬音語だけで打つときはインパクトゾーンをイメージしていますからね。バックスイングを意識しないぶん、トップが大きくなります。さらに、『バ』でボールを力強く叩いた後、伸ばす音を入れることでフィニッシュまでしっかり振り抜くことができるので、ヘッドスピードは上がります。もっと飛距離を伸ばしたければ、『バチーン!』でも構いません。アベレージゴルファーの皆さんも、いろんな擬音を声に出しながらクラブを振り、ヘッドスピードが最も速かった音を採用するといいでしょう。

臼井:逆に『パーン!』で打ったら、力が入らないせいかヘッドスピードが落ちるんですよね。しかも、右へ打ち出してしまいます。

大本:半濁音は力が抜けますからね。インパクトが緩むため、クラブフェースが右を向くことが、右に打ち出す原因です。臼井さんは『パン、パーン』のように2拍子にするとインパクトが緩まないので、真っすぐ飛んでいきます。

【ポイント】『-』を入れるとフィニッシュまで振り切れる

仮に『バン』の擬音で打つと、スイングをインパクトで終えてしまうイメージになる。『-』を入れることにより、スイングが止まらず、フィニッシュまで振り切れるようになる

【ポイント】フォローで加速!

インパクトでボールを強く叩き、そのままヘッドスピードを加速しながらフィニッシュまで振り抜くので、自然と飛距離が伸びる

◆教えてくれたのは…

臼井麗香 うすい・れいか/1998年12月7日生まれ、栃木県出身。昨年はトップテンに3回入るも、賞金ランキング59位でシード権を獲得できなかった。今季は初シード獲得と初優勝を目指す。ディライトワークス所属。

大本研太郎 おおもと・けんたろう/1974年1月18日生まれ、宮城県出身。PGAティーチングプロA級。スイング解析などの実践的なレッスンを中心に行う。臼井麗香や東浩子らのツアープロコーチとしても活躍。GPC恵比寿ヘッドコーチ。

週刊パーゴルフ 2020VOL.22掲載 取材/構成・山西英希 撮影・鈴木 祥 取材協力・船橋カントリー俱楽部(千葉県)

おすすめの記事