【星野陸也プロが女性ゴルファーに教えてくれる】残り100ヤードからのヒッカケを絶対なくしたい!【フェースターンは意識しない】

ベタピンを狙った100ヤード、ボールは左へ飛んでいる。もう絶好のチャンスでミスりたくない女性ゴルファー必見レッスンです! 真っすぐ打っているプロなら、ヒッカケ対策があるはず。星野陸也プロにコツを教えていただきました。

今回は、スイングについて。ぜひチェックしてくださいね!

【星野陸也プロ】 超苦手克服!レッスンのバックナンバーはこちら

◆ヒッカケにくい動きを覚えよう

ウェッジはシャフトが短いので、他のクラブに比べてフェースが返りやすいんです。だから無理に腕を使ってフェースを返そうとするとヒッカケる。

まずアドレスの姿勢からヘッドの重さを感じて、ヒザくらいの高さまで浮かせてみてください。ヘッドの重さで両ワキが自然に締まりますよね。さらに両ワキが締まった感覚をキープして、胸だけを左右に回してみましょう。腕と肩でできた三角形が崩れず、フェースが自然とターンする動きが分かるはずです。この胸だけを回すイメージでスイングできればヒッカケにくくなります。

ダウンスイングで上から打ち込もうとするのもよくありません。フェースがかぶりやすく、ヒッカケが出る可能性大です。右ヒザが前に出ないように、ヘッドを目標方向へ出す意識を持ちましょう。

また、右足に体重が残ると、フェースが返り過ぎてヒッカケるリスクも。しっかり左足に体重を乗せてインパクトをむかえましょう。

◆腕でフェースを返そうとしないこと!

スイング中、腕や手は使わない。体の回転によってフェースターンが自然に行われると考えましょう。また、両ワキを締めておけば「肩と腕の三角形」が崩れにくく、フェースが過度に返りにくくなります。

◆これはNG!

意識的に腕でフェースターンをすると、フェースが返りヒッカケる

◆教えてくれたのは…

星野陸也プロ 1996年生まれ、茨城県出身。2016年にプロに転向し、翌年に早くもシード権獲得。18年フジサンケイクラシックでツアー初優勝。飛ばし屋でも知られる

ALBA TROSS-VIEW 795号掲載 写真/高橋淳司 構成/三代 崇 取材トーナメント/2019ゴルフ日本シリーズJTカップ

おすすめの記事