ラフから・林から脱出したい!そんなときのユーティリティの打ち方は?【アイアンが苦手な女性ゴルファー必見レッスン】

プロギア サイエンス・フィッティング公認インストラクター 伊藤真里さんに教えてもらう、女性ゴルファー必見の「ユーティリティ」レッスン。今回はラフからのショット・林から脱出したいときの打ち方を教えてもらいます。さっそくチェックしていきましょう!

転がし技&高くあげたいときのユーティリティの打ち方【アイアンが苦手な女性ゴルファー必見レッスン】

【Scene03/ラフからのショット】芝の深さを考えて深く構える

アイアンでは芝に負けてしまうラフでも、ユーティリティが大活躍します。 「ヘッドが大きいからラフにも負けずに距離を稼げます」という伊藤さん。下半身が動かないよう、肩幅より少し広めにアドレスし、ひざを落としてしっかり構えます。ボール位置は真ん中。自然に上からヘッドが入り、ボールが上がってラクに脱出できます。

◆ヒザを落とし前傾姿勢はしっかりキープ

芝の抵抗に負けないよう、下半身をしっかり安定させます。体重移動をあまりせず、上から打ち込むイメージで。その分距離が落ちるので、グリップの長さや番手で飛距離を調整しましょう。

◆後ろからもチェック。しっかり振り抜こう!

◆ココに注意!ラフは手ごわいので手打ちは厳禁

ヒザが伸びたままでスイングすると、芝の抵抗に負け、ラフからボールが出ずチョロになりがち。

◆ラフの深さだけ、クラブを沈めて

ラフの深さを考えず、ヘッドを浮かせたままアドレスすると、インパクトでボールに届かず脱出できません(右)。ラフの深さ分、クラブをしっかり沈めてアドレスしましょう(左)。

【Scene04/林からの脱出】肩を目標に向けしっかり振り抜く 

林からの脱出だけのために、6Iを入れているという人、少なくないのでは。とはいえザックリやトップになりがちだし、ボールが上がらず距離も出ないので、脱出するのがせいぜい。グリーンに乗る確率は低いかも…。

ユーティリティならソールが滑るからミスが軽減。ボールも上がって距離も稼げます。大切なのは、肩を目標方向にキープして、しっかり振り抜くこと。ぜひチャレンジして。

◆ソールが滑るから林からの脱出にも大活躍です!

出したい方向に肩をしっかりと合わせてアドレス。ここを間違うと、脱出できない可能性が大きくなります。フェースを閉じてクラブを上げたら、ソールを滑らせるイメージで振り抜きます。

◆ココに注意! 林の中は焦りがち。クラブを信じましょう

ボールを見るのはいいことですが、手打ちになるのはNG。インパクトがズレてミスになります。

脱出したい思いが強すぎると、ヘッドアップしがち。気づいたらボールは元のまま。クラブが届かず空振りの悲劇になることも……。

Scene別、ユーティリティの打ち方のまとめ

□ コロがしは、短く握って手を使わず肩でストローク

□ 高く上げるにはコンパクトに上から打ち込む

□ ラフではしっかりヘッドを沈める

□ アドレスの向きが命!

◆教えてくれたのは・・・

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は DMA-BF2_2895-150x150.jpg です

伊藤真里さん・プロギア サイエンス・フィット公認インストラクター。東京・銀座にある「PRGR GINZA EX」にて、スイングスキャン(モーションキャプチャー)を用いたレッスンを行い、初心者からシングルまで、幅広いレベルから支持されている。

撮影/福田文平 取材・文/たかはしよし子 撮影協力/平川カントリークラブ(日神グループ)

おすすめの記事