【浅地洋佑プロが教えてくれる】池越えショットでもうビビらない!【アドレス編】

いつもなら普通に届く距離なのに、池越えだけはビビってチャポン。ボールはなくなり、やる気もなくなり、とにかく悲しい…。いっそ池を埋めちゃいたいけど、それは無理。ビビらない方法ってあるんでしょうか?

今回は、アドレスについて。ぜひチェックしてくださいね!

超苦手克服!レッスンのバックナンバーはこちら

◆球を上げようとするほど危ない!目線を下に向けやや左足体重で構えよう

~右肩が下がらない構えならダフりにくい~

池越えではボールを上げる必要があるが、それをやるのはクラブの役目。自分でやろうとして目線が上を向くからトップやチョロになるのだ

イメージした弾道なりに構えると、右肩が下がったアドレスに。トップやチョロの原因になるので、イメージとアドレスは分けて考える

◆イメージ作りはしっかりと!

構える前にどんな球を打つかイメージ。池を越えてグリーンをとらえる弾道をしっかり頭に描こう

◆教えてくれたのは…

浅地洋佑プロ 1993年生まれ。2012年にツアーデビュー。昨年5月の「ダイヤモンドカップ」で初優勝。9月には「ANAオープン」で2勝目も挙げた今後の活躍が期待される実力者

ALBA TROSS-VIEW 792号掲載 写真/田中宏幸 構成/岸和也 取材トーナメント/三井住友VISA太平洋マスターズ

おすすめの記事

  
 
 

Recent articles 最近の記事

Recommended articles 注目記事

Instagram Feed

Something is wrong.
Instagram token error.