【小鯛竜也プロが教えてくれる】花道からのアプローチでチャックリしないためのポイント【バンスを活かす構えを作る】

ライもいいグリーン手前の「花道」から、アプローチが突然チャックリ…。かっこ悪いし、次に同じ状況になると、またミスしそうで怖い。そんな状況を克服するために、小鯛竜也プロにレッスンしていただきました!

今回は、アドレスのポイントを解説。ぜひチェックしてくださいね!

バックナンバーもチェック! 【小鯛竜也プロが教えてくれる】花道からのアプローチでチャックリしないためのポイント

◆画像で解説!【チャックリしないアプローチ】アドレスのコツ

【1】ボールは右に寄せない

ボールを右足寄りにセットアップするのはおすすめできません。クラブが鋭角に下りてきてチャックリしやすいだけではなく、ロフトも立つので飛びすぎるリスクも!

【2】すくい打たないよう左足体重にする

これは◎

左右の体重配分は均等もしくはやや左足体重を意識。下からすくい打つ傾向のある人は7:3くらいでいいが、体全体が左に傾かないよう注意しよう

これは×

【3】フェースは開かない

これは×

フェースを開くとバンス角が効きすぎるだけではなく、リーディングエッジも浮きすぎてしまいトップの原因に

次回は、チャックリしないためのアプローチ「スイング編」をお届けします。

◆教えてくれたのは…

小鯛竜也プロ 1990年生まれ。17歳でプロに転向。2017年に「マイナビABC」でツアー初優勝。

トータルバランスの高いゴルフが身上の人気中堅プレーヤー。

ALBA TROSS-VIEW 790号掲載 写真/田中宏幸 構成/岸和也 取材トーナメント/三井住友VISAマスターズ

おすすめの記事

  
 
 

Recent articles 最近の記事

Recommended articles 注目記事

Instagram Feed

Something is wrong.
Instagram token error.