イケメンプロ・塩見好輝が女性のために教える ★超簡単にパットが決まる魔法のストローク★第11回 グリーンの外からパッティング

男子ツアーでも1、2を争うイケメンの塩見好輝プロが、パッティングに悩みを持つ女性ゴルファーに贈る特別レッスン。

第11回のテーマはグリーンの外からパターを使って寄せる方法です。グリーンを外したらアプローチウェッジで打たなければいけないと考えていませんか? 

スコアアップを狙うなら、グリーンの外からでもどんどんパターを使うべきです。アプローチに不安がある人は一度試してみませんか?

イケメンプロ・塩見好輝が女性のために教える ★超簡単にパットが決まる魔法のストローク★バックナンバー

◆インパクトの瞬間をしっかり見ましょう!

グリーン周辺には、エッジとラフの間に芝が短く刈られたエリア(カラー)が存在します。ここにボールが止まったとき、アプローチウェッジでボールを打つよりも、パターで転がすことをお勧めします。

なぜなら、ザックリやトップといったミスをすることがないので、グリーンに乗る確率が高いからです。打ち方自体はグリーン上でのパッティングと変わりません。

グリーンの外からパターを使ってピンに寄せるのは有効な作戦です。距離感をつかむためにもスタート前の練習で2、3球転がしておきましょう

グリーン面よりも芝が長いので強く打ちがちだと思います。その結果、ピンを大きくオーバーするかもしれませんが、だからといって軽めに打つと、芝の抵抗を受けるのでショートします。最初は大きくオーバーしてもいいので、しっかりとボールを打つイメージを持ちましょう。

ピンをオーバーしてもいいから、最初は強めにしっかりと打ちましょう

ショートするよりはオーバーするほうがいいとはいえ、できるだけピンに近づけたいところです。そこでお勧めなのが、インパクトの瞬間を凝視することです。

実は、ピンを極端にオーバーする人のパッティングスタイルを見ると、インパクトの前に顔が上がりがちです。インパクトを凝視することによって、その悪い動きを防げるようになります。

インパクトの瞬間をしっかりと見てから、ボールが転がっていくのを見るようにしましょう

撮影協力/南総カントリークラブ

おすすめの記事

  
 
 

Recent articles 最近の記事

Recommended articles 注目記事

Instagram Feed

Something is wrong.
Instagram token error.