スッキリ解決!ショートゲームのお悩みに答えます★【5】グリーン奥からの下り

ドライバーやアイアンの飛距離を伸ばすことは簡単にはできませんが、アプローチやパットなどのショートゲームなら、力のない女性でも“プロのように”打てる可能性は十分あります。女性特有のお悩みを一緒に解決していきましょう!

◆【お悩み】グリーン奥からの下りが寄りません

イメージ/写真AC

グリーン奥に外した時の下りのアプローチが上手く打てません。速いのがわかっているので、小さく打ちたいのですが、いつもミスになるのはなぜですか?

◆左わきを絞めて、構えた位置にしっかり戻しましょう

ピンの位置がどこにあるかにもよりますが、基本的に小さい振り幅が必要なショットほど、インパクトでゆるまないようにすることが大切です。言い換えれば、それだけゆるみやすいということ。

ここで一番やりたくないミスは、ザックリして次のアプローチも下りが残ること。まずは、ミスをなくして確実にグリーンに乗せることです。

小さな振り幅で打つ時の注意点は、左ワキが開かないように意識して、アドレスの位置に体を戻すことです。逆目のアプローチと同じ要領で、小さくしっかり振ることが大切。減速させずに、徐々に加速させながらヒットさせましょう。

◆ここがポイント!

胸の向きを意識してスイングすると手打ちが防げます。インパクトではボール方向、フォローでは目標方向にゆっくり向けていきましょう。

手先の動きでボールに当てようとすると、インパクトの強さがバラバラに。肩から下は全く使わない意識が大切です。

アドレス時の両腕と肩でできる三角形を崩さずに、体の回転で徐々にヘッドを加速させてインパクトさせるとミスが出ません。

※この記事は、Regina女性ゴルファーのためのスコアアップBOOKに掲載されたものを再編集したものです。

おすすめの記事

  
 
 

Recent articles 最近の記事

Recommended articles 注目記事

Instagram Feed

Something is wrong.
Instagram token error.