予約殺到のレッスンプロ・木原睦美が教える100切り女子への道① フェアウェイウッド編③

毎週150人以上の生徒にレッスンをする木原睦美プロが教えるフェアウェイウッドのコツ。今回はラフからでもボールをうまく打つコツについてです。ラフからでもフェアウェイウッドで距離を稼ぐことができれば、スコアメイクも楽になります。まずは、ボールのライを見極めることから始めましょう。

ボールが半分以上芝から見えていれば、思い切ってフェアウェイウッドで打とう!

なんでもかんでもラフから打てるわけではありません。しっかりとボールのライを見極める状況判断が大切です。

基本的には、ボールが芝の中にすっぽりと埋まっている状況では、さすがにフェアウェイウッドで打つことは無理です。ボールが少し見える状況でも避けるべきでしょう。

ボールが半分以上見えていればオーケーです。積極的にフェアウェイウッドを使っていくことをお勧めします。

右のようにボールがほとんど見えないときはフェアウェイウッドNG。真ん中の少し見えているときもNG。左の半部に上見えているときはOK

ラフからの打ち方は特にありません。フェアウェイから打つときと同じです。アドレスでは、クラブフェースを目標に対してスクエア(まっすぐ)に合わせましょう。

ボールの上からクラブヘッドを打ち込むのではなく、ソールを滑らせるようにボールの横から払い打つイメージです。

ラフから打つ場合、フェアウェイから打つとき以上に、フェースが閉じていると、芝の抵抗を受けて引っかかりやすい。必ずフェース面を目標に対してスクエアに向けること。フェースが閉じていると、リーディングエッジから下りてくるので要注意

ラフから打つ場合、ボールにクラブヘッドをぶつけようとする人が少なくありません。その結果、ヘッドを振り抜けず、ヘッドスピードが落ちてしまいます。

ラフから打つときこそ、フィニッシュまでしっかりと振り抜くことを心がけましょう。飛距離アップのときに身につけたヘッドスピードを増すイメージで振ることです。

芝の抵抗に負けないように、ダウンスイングではヘッドスピードを加速させていく

この記事は動画でも楽しめます。「Golf Net TV」トップページはこちら

https://front.golfnettv.com/

番組URLはこちら

https://front.golfnettv.com/p/VOD_LDY_BG180347_06
※アーカイブ番組をご覧いただくには、Golf Net TVへの会員登録が必要です。

おすすめの記事

  
 
 

Recent articles 最近の記事

Recommended articles 注目記事

  1. マナラ ホワイトパウダーマスク

Instagram Feed

Something is wrong.
Instagram token error.