〈ゴルフレッスン〉アイアンの達人になれる〝万能練習法〞教えます〈1〉

「アイアンは苦手だからウッドしか持ちません」という女子たちに、今までに味わったことのない新感覚レッスンをお届け。シンプルながらとっても楽しい練習法なので、すぐに試してアイアンの達人になりましょう。

ミラクルを呼ぶ万能練習法「リボンスイング」

この練習法の最大のメリットは体の細かい動きをいちいち気にすることなく、アイアンのあらゆる悩みを一気に解決してくれること。7番アイアン(なければほかの番手でもOK)に60cm程度のリボンを結わいたら、スタート。優雅にリボンをヒラヒラさせて練習するだけで、アイアンの正しい振り方が自然と身につきます。

アイアン苦手克服の新感覚レッスン「リボンスイング」

アイアン苦手克服の新感覚レッスン「リボンスイング」

リボンスイングがすぐできる3つのポイント

POINT1 大きな丸を描くように振りましょう

リボンがきれいな丸を描くように素振りをします。リボンの空気抵抗でいつもより重く感じるかもしれませんが、この重さを感じつつ移動させる意識で振ることが大事。力みのない正しい軌道が生まれ、体重移動も自然にできるので、美しいスイングで真っすぐ球が飛んでくれます。

きれいにまる~くお~ きく

きれいにまる~くお~ きく

 

POINT2 はらうように打ちましょう

今のアイアンはソールに厚みがあるので上から打ち込まなくても大丈夫。「はらうように打つ」ためにはインパクト前後で長い間リボンが下を通るようにすること。そのとき真っすぐ通すのがポイントです。斜めになると球が曲がる原因に。

がまんしてしっかり見ることがポイント

がまんしてしっかり見ることがポイント

 

POINT3 リボンが通り過ぎるまでしっかり確認

インパクト後に顔を上げずリボンの通過をしっかり見届ける習慣をつけましょう。そうすれば打って終わりではなくフォローがとれるため、球が前に前に飛んでくれます。たとえうまく当たらなくても前に飛んでくれるので、ミスショットも少ないケガで済みます。

長く下を通るように心がける

長く下を通るように心がける

次回はアイアンの2大お悩みを解決します!

おすすめの記事

  
 
 

Recent articles 最近の記事

  1. 香妻琴乃プロ

Recommended articles 注目記事

  1. マナラ ホワイトパウダーマスク

Instagram Feed

Something is wrong.
Instagram token error.