今すぐスコアを縮めたい人必見! 鈴木愛プロ直伝 パッティングレッスン〈3〉

大王製紙エリエールレディスオープン」で2位となり、賞金女王に王手をかけた鈴木愛プロ。23日(木・祝)から始まる、最終戦「LPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ」は、鈴木プロのプレーから目が離せそうもありません。テレビの前で応援しながら、パッティングにも注目してみましょう!

ストロークを安定させるコツと不調時の克服法

下半身をしっかりと固定し、背中の大きな筋肉でストロークする

「どんなイメージで打つかは人それぞれですが、私は下半身を固定し、背中の大きい筋肉を動かす感覚で打っています。そのほうが、自分のイメージどおり正確に打てるからです。『肩と腕の三角形(または五角形)を崩さないように』と、よくいわれますが、そのイメージで打つと重心が前になりがちで、手元がブレやすく、ミスを招きやすくなります。どんなときも同じストロークをキープするには、肩ではなく背中で打つように意識することがポイントです」

鈴木愛のパッティングレッスン

背中の服のシワに注目。肩甲骨を中心に、背中全体の筋肉が動いているのがわかる。

調子が悪いと思ったら、握り方を変えてみて

「調子が悪くなると、インまたはアウトに引きすぎることがあります。私もそうですが、特に利き手が右の人は、右重心でクラブを引きがちで(パットの理想は左重心)、スタンダードなグリップだとインパクトからフォローにかけて左ワキが詰まりやすいんです。クロスハンドの方が真っすぐ引いて真っすぐ振れる。練習でこの感覚を取り戻します」

鈴木愛 パッティング

インに引く傾向が出たらクロスハンドで握ると真っすぐ引ける

鈴木愛 パッティング

試合では左指を立てた逆オーバーラッピンググリップ

常に安定したストロークを体に覚えこませて、調子が悪くなったときにすぐに軌道修正できるようになれば、パット数もだいぶ減るようになるはず! 次回はパター選びのポイントをお伝えします。

 

おすすめの記事

  
 
 

Recent articles 最近の記事

  1. これはグリップを差すための穴。マーカを入れるところではありません

Recommended articles 注目記事

  1. これはグリップを差すための穴。マーカを入れるところではありません
  2. 健やかな肌を取り戻し、弾力に満ちたピンとしたハリ肌へ

Instagram Feed

Something is wrong. Response takes too long or there is JS error. Press Ctrl+Shift+J or Cmd+Shift+J on a Mac.