収納に悩む女性ゴルファー必読!美しい“ゴルフ”収納術【4】かさばる難アイテム収納術

かさばるアウター、増え続けるポロシャツ、つい買ってしまう小物たち…。収納は女子を悩ませる永遠の課題ですが、ゴルファーであればなおのこと。ラウンド仲間とも収納について話す機会はなかなかありませんよね。「ゴルフアイテム、どうやって収納していいかわからない…」というRegina読者の声に応え、目からウロコの収納術を伝授します!

「かさばる難アイテム」の収納には100均グッズを使う!

今回からは、ゴルフを彩るアクセサリー類の収納法をお勉強。大切なことは、重ねたり、奥にしまって、その存在自体を隠して見えなくしないこと。目に入らないと、使用頻度が激減してしまいます!

サンバイザーやキャップは【つっぱり棒】と【S字フック】で型崩れ知らず

棚と棚の間や、壁のデッドスペースを有効活用!ここで大事なのは、帽子1個に対してS字フックを1個、惜しみなく使うこと。1個のフックに帽子を重ねて掛けると、取り出しづらく、出番が減る原因になるので注意。

左の棚の2段目、ボストンバッグは同じく100均アイテムの【A4ファイルBOX】で取り出しやすく整理。重ねた書類BOXを間仕切りにして、取り出しやすく美しく収納できます。

ベルトやタイツ、グローブは切って使える【仕切り板】でスッキリ!

ヨガやジムなどで使うスポーツレギンスも一緒に収納。グローブやベルトなどは、このスペースに入らない枚数、本数は不要と考え、余計な買い物をしないようにすることで美しい収納がかないます。もしくはひとつ買ったらひとつ捨てる、を徹底しましょう。

100均ショップで購入できる、切って使える仕切り板は、収納の強い味方!

ニット帽、イヤーマフ、レッグウォーマーなどの冬小物は、吊り下げ収納を活用

ニット帽など、重ねざるを得ないアイテムは重ねますが、あくまでも見てわかる範囲でのみ。奥までギュウギュウ入れると、行方不明の原因になるんです。

教えてくれたのは、モデル・整理収納スタイリストの米山真央さん

モデルの仕事のほか、幼い頃から好きだったという「お片づけ」も極めようと、整理収納アドバイザー1級を取得。2万人のフォロワーがいるInstagram(@sweetstyle_official)では、自宅を実例にした収納テクニックを公開中。ゴルフはダンナさんの影響で始め、ベストスコアは87。

Regina2018年春号より 撮影/五十嵐和博 監修/米山真央 デザイン/アトム☆スタジオ エディター/一寸木芳枝

おすすめの記事