1日12時間練習!?目指すはプロテスト合格!キュートな新ヒロイン“荒川侑奈”【Team Regina】

ゴルフが好き、おしゃれが好き、キレイが好き……。そんな女性をズームアップする新企画「Team Regina」が始動! いつもキラキラしている彼女たちの、ゴルフやライフスタイルのこだわりを聞いてみました!

第3回目となる今回は、ひとり暮らしをしながらプロテスト合格を目指し、ひたすらゴルフに励む“ネクストヒロイン”荒川侑奈さん(25)。ゴルフを始めたときからプロを目指していた、という荒川さんにとって、ゴルフとはいったいどういう存在なのでしょう?

PROFILE
荒川侑奈(あらかわ・ゆな)/1995年生まれ、千葉県出身。161cm。2019年「マイナビネクストヒロインゴルフツアー」で優勝。ゴルフ番組「ゴルフサバイバル」や「白金台女子ゴルフ部」に出演し、注目を浴びる。ドライバー平均飛距離240ヤード。ベストスコアは65。
Instagram
https://www.instagram.com/yunaaa1028/

ジュニア時代は1日12時間、練習してました!

私にとってゴルフは歯磨きみたいなもの(笑)ご飯食べて、寝るとかと同じ。生活の一部です。

小学生時代、公文やお習字、水泳などいろいろな習い事をしていた私。ゴルフが大好きだった父につい、「ゴルフもやってみたい」と言ってしまったのがきっかけ。

本気にした父は、小学3年生の私を、地元(千葉)でも有名な、本格的スクールに入れたんです。生徒はみんなプロを目指す人ばかり。私の中でも、「プロになる」という選択肢以外ありませんでした。

ものすごい練習量で、例えば週末は、朝の5時半から練習をスタートし、12時間くらい練習場にいる。夏休みにはそれが毎日です。今考えるとよくやったなーと思いますね。だって小学生ですよ!

それでも続けられたのは、“試合で負けたくない”って気持ちが強かったからかな。同じスクールの先輩や同期を見て、みんなが頑張っているし、私もやらなきゃ! って感じだったと思います。

◆ゴルフに効く運動は…●●!

じつはその頃、水泳の方が得意で、たいして練習もしていないのに、水泳のテストはいつも一位。ゴルフよりもセンスがあると思うんです。(笑)

ゴルフはすごく練習してるのに、なんで一番になれないんだろうって思いました。けれど、水泳かゴルフ、どっちの道を目指そうと考えた時、私はゴルフを選びました。

水泳は中学1年生まで、ゴルフのために続けました。カラダ全体を使うし、肩甲骨などの可動域も広がる。水泳はゴルフの良いトレーニングになるよと、コーチがアドバイスしてくれました。女性ゴルファーの皆さんにもおすすめです!

◆ベスト65!「15年で100打縮まりました」(笑)

私の初ラウンドは、スクールに入ってしばらくしてから。スコアは165でした。スコアカードが残っているので確かです(笑)。そしてベストスコアは65。

じつは去年、10年ぶりに更新したんです。初ラウンドと比べると100打縮まりました(笑)。中学3年生のときに出た67をなかなか切れなかったので、すごくうれしかったです。不思議なことに、そのあと2回も65で回ることができたんですよね。

いままでは苦しみばかりでしたが、ゴルフっていくつになってもできるし、ゴルフ場も気持ちいい。最近、どんどん楽しくなってきました。このままの勢いで、プロテストも頑張りたいと思います。

「2019年 マイナビ ネクストヒロインゴルフツアー」で優勝。「このころ絶不調で、半分引きこもりだったのに、出たら優勝しちゃって。うれしかったけど、「ゴルフって、なにすればいいんだろ?」って考えちゃいました(笑)

撮影/竹井美砂子 取材・文/たかはしよし子