ウッドが苦手ならチェック!左ヒザはフォローまで正面に向ける

柏原明日架プロは多くの女子プロが使っているUTや3Wを抜いて、4W、7W、9W、11Wをキャディバッグに入れています。「ショートウッドは私の生命線!」というほど、ショートウッドに信頼を置く理由とショートウッドを打つときに注意すべきポイントを教えてもらいました!

しっかりと体を捻転させてトップをつくったら、ダウンスイングは右ヒジと左ヒザの動きを意識しましょう。球をつかまえながら、狙いどおりに真っすぐ飛ばす秘訣です!

左ヒザはフォローまで正面に向ける 画像①

◆インサイドから下ろす意識が強いと左ヒザが動く

左ヒザはフォローまで正面に向ける 画像②

曲げずに狙ったところに球を打つには、ダウンスイングが重要です。まず、右ヒジの動かし方に注意してください。トップから切り返しでは、右ヒジが右ワキ腹に向かっていくのが正しい動き。シャフトが長いFWは、球を打ちにいく意識が強いと、右ヒジはトップの位置から直線的に球に向かっていき、カット軌道になってしまいます。

そしてもう一つ、ダウンスイングのポイントをお伝えしましょう。球をつかまえようとしすぎると、インサイドからクラブを下ろす意識が強くなり、体の右サイドにスペースをつくろうとします。すると左ヒザが飛球線方向に動き、左サイドにスエーしてしまうのです。このアクションはダウンスイングでクラブが寝る動きにつながり、フェースが開いた状態でインパクトすることになります。ここで右へのミスを嫌がって無理につかまえにいくと、手首を返して左にミスをすることになります。

アドレスからフォローまで、左ヒザを正面に向けておく意識を持ちましょう。ショートウッドはもともと球がつかまりやすいクラブなので、無理につかまえにいく必要はありません。右ヒジと左ヒザの動きを意識すれば、球が自然につかまって曲がり球がなくなるはずです。

【ポイント1】ダウンスイングは右ヒジを右ワキ腹に近づける

左ヒザはフォローまで正面に向ける 画像③

右ヒジの動きを意識することで、プレーン上にクラブを下ろしやすくなります。トップの形をつくったら、右ヒジを右ワキ腹目がけて動かしましょう

【ポイント2】左ヒザが飛球線方向に動くと打点がバラつく

左ヒザはフォローまで正面に向ける 画像④

インサイドからクラブを入れる意識が強いとダウンスイングで左ヒザが飛球線方向に動きやすい。ダウンスイングでクラブが寝て、左右に曲がる原因になる

◆教えてくれたのは…

かしわばら・あすか/96年生まれ、宮崎県出身。14年にプロテスト合格。15年には3度のトップ10入りなどで賞金ランキング50位に入り、初シードを獲得。4年連続でシード権を獲得し、ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープンでプロ入り6年目にして悲願の初勝利を達成。そしてNOBUTA GROUPマスターズGCレディースでも勝利を挙げた

ALBAドライバー・アイアン・アプローチぜんぶ女子プロに教わろう! 2021年版掲載 編集/島村涼 撮影/相田克己 岩本芳弘 上山敬太 佐々木啓 鈴木祥 近澤幸司 福田文平 村上航 米山聡明 Getty Images