成田美寿々は左足下がりでこう打つ!インパクト後に右足を1歩踏み出す

女子プロがなぜスコアをまとめられるのかといえば、グリーン周りからのアプローチで確実にパーセーブしているからです!

そこで、花道、ラフ、バンカー越え、左足下がりといった状況でどう打てばいいのか、女子プロに聞いてみました。どうやら状況に応じた打ち方に徹することがアプローチを成功させる秘訣のようです!

合わせて読みたい:予約殺到のレッスンプロ・木原睦美が教える100切り女子への道③ トラブルショット編3

合わせて読みたい:【三ヶ島かなが先生!】トッププロのいきなりレッスン

ボールの右サイドが高くなっているので、クラブは短く握る

◆手首のコックを使ってクラブを上げて下ろす

左足下がりのライでは、安全策をとりたいので、ボールを転がして寄せます。アドレスではボールを右足の前に置き、ハンドファーストに構えます。ボールを上げないのでサンドウェッジのフェースは開きません。飛球線に対してクラブを真っすぐ上げたら、そのまま真っすぐ下ろすだけです。ボールを打った後に、右足を目標に向かって1歩前に踏み出すと、ボールを上げようとする動きになりません。ボールはけっこう転がるので、グリーンエッジの少し先に落とすようにしましょう。

ボールを打った後に右足を目標に向かって1歩踏み出すことで、ヘッドを傾斜に沿って低く出していける

◆教えてくれたのは…

成田美寿々プロ なりた・みすず/92年生まれ、千葉県出身。19年は大東建託・いい部屋ネットレディスでツアー通算13勝目を挙げたる

.

.

◆この記事をもっと読むなら!