【松田鈴英のライン出し!】ヒザ固定ドリルをやってみよう

フェースの開閉を少なくして、スイングをコンパクトにする分、ミート率がアップする!方向性と距離感を合わせやすいのが“ライン出し”の特長です。アゲンストに強いだけでなく、ボールが沈んでいるとき、ディボット跡や芝が薄いところから打つときにも有効というメリットがあります!そこでパーオン率が昨季4位、19年は6位と女子ツアー界随一のショットメーカー・松田鈴英プロにライン出しのコツを聞きました!まずはアドレスからレクチャーしてもらいましょう♪

関連リンク:【松田鈴英プロ連続写真】 スリムな飛ばし屋! 下半身の筋肉を効率よく使ったコンパクトなドライバースイングをプロコーチが解説!

関連リンク:【松田鈴英のライン出し!】上体を回すドリルに挑戦してみよう

◆スイングリズムがカギ

私はスイング中、両ヒザの向きと間隔を一定にキープしたいので、ゴムバンドをヒザの上に装着してボールを打つドリルを行っています。アドレスでヒザを少し外側に向けたら、ゴムバンドが緩まないように下半身を固定してスイングを心がけましょう。

ゴムバンドをヒザの上に装着することで、ヒザの向きと間隔が変わらないようにスイングしやすくなる

ゴムバンドで下半身を固定しながら、胸を右側に回すことでクラブを上げていく感覚を体に覚えこませる

◆教えてくれたのは…

松田鈴英プロ
1998年生まれ、滋賀県出身。167cm。10歳でゴルフを始める。高校卒業後はキャディのアルバイトをしながらプロを目指し、2017年、二回目のプロテストで合格。ルーキーイヤーの2018年から2年連続でシード権をキープ。2019年度賞金ランク32位。クラブ/ブリヂストン ウェア/アンパスィ 所属/ニトリ instagram@reimatsuda01

◆この記事をもっと読むなら!