【ゴルフピラティス】柔軟性を高めてスコアアップ【股関節と太もも裏のストレッチ】

自身もゴルフ大好き! というピラティスインストラクターの菅野朋子さんに、「ゴルフに効くピラティス」を教えてもらうレッスン。今回はスコアアップ、ケガ予防にもなる股関節と太もも効くストレッチをご紹介。秋の夜長、自宅でぜひチャレンジしてみて。

【ゴルフピラティス】体幹を鍛えて飛距離アップ!【お尻歩き/猫のポーズ】

◆「スコアアップ、ケガ予防、安眠にも効果的なストレッチです」(菅野朋子)

「今回ご紹介するのは、股関節の柔軟性、筋力アップにつながるストレッチです。股関節まわりの筋肉が柔軟になると、下半身の血流もよくなり、むくみの解消にも効果的。筋肉がつくので、スコアアップはもちろん、ケガの予防や安眠にもなります。ただ、はりきりすぎると筋肉を痛めるので、痛気持ちいいくらい、やさしく行ってくださいね。今回はトレーニングバンドを使っていますが、もっていない人は自宅のフェイスタオルを使うといいでしょう」

◆股関節ストレッチのやり方【1】床に寝転び、トレーニングバンドを足裏に引っ掛ける

ヨガマット(ベッドの上でもOK!)にうえに仰向けになる。ひざを曲げてカラダに寄せ、トレーニングバンドを足裏にひっかける。

◆【2】足先を伸ばし、カラダと垂直に伸ばす

足裏にトレーニングバンドを引っ掛けたまま、足を垂直に持ち上げる。10秒キープ。太ももと足の裏側の筋肉が伸びているのを感じて。

◆【3】足裏で丸を描くようにゆっくりとまわしていく

足の裏で円を描くようにゆっくりとまわす。股関節と内ももの筋肉をしっかりほぐして。左足も同様に。

◆前屈のやり方【1】床の上に座り、トレーニングバンドを足裏にひっかける

足裏にトレーニングバンドを引っ掛ける。足の裏だけでなく、背中を伸ばし、おへそを背中側に押し込むようにしてお腹をへこませる。

◆【2】腕をしっかり伸ばして肩甲骨をひらくイメージで前屈をキープ!

腕をしっかり伸ばし、肩甲骨をひらくイメージで前屈をキープ。可能なら足を浮かせて、足の裏側の筋肉もしっかりと伸ばして。

◆教えてくれたのは、菅野朋子さん

ピラティス/ゴルフピラティスインストラクター。

仕事ではじめたゴルフのおもしろさに目覚め、ゴルフに携わる仕事がしたいと、ゴルフピラティスを習い、インストラクターに。ケガの予防はもちろん、スコアアップにも定評がある。自身のゴルフ歴15年。ベストスコア71。

モデル・金子恵美。ゴルフ歴20年、ベストスコア98。「久しぶりにしっかり呼吸・運動したので、気分もすっきり。家でも取り入れたいと思います」

◆撮影協力…自由が丘ピラティススタジオ

本格的な器具が揃うピラティススタジオで、最大6人までのグループレッスンのほかプライベートレッスンなどを行っています。ヨガスタジオ、ゴルフスタジオと隣接しているので、エステと組み合わせてオリジナルプランで心身を整えて。東京都目黒区自由が丘2-17-6 The Front B1/TEL 03-6421-2818

<<Instagram>>jiyugaokapilatesstudio/

撮影/竹井美砂子 取材・文/嘉屋恭子 取材協力/自由が丘ヨガスタジオハートワンワンスターゴルフスタジオ