【稲見萌寧プロが教えてくれる】沈み込み型ゴルファーのスイングはここがポイント!

そこまで振っているようには見えないのに、女子プロたちは安定して250ヤード飛ばしてくる。体力の差はそこまでないはずなのに、これってなぜ?答えはずばり“ヒザの使い方”。効率よくヘッドを走らせて、体格以上に飛ばす秘密を探りました!

今回は、稲見萌寧プロ“沈み込み型”のヒザ使いのポイントをご紹介!

自分に合ったヒザ使いで飛距離アップ!バックナンバーはこちら

【診断方法】“ビュン!”と速く振りやすい項目にチェックを入れてください

速く振れた項目にチェックを入れ、右にあるアルファベットの数で自分に合った“ヒザ使い”がわかります

診断はこちらをクリック!

◆左オシリを後ろに引くと回転がスムーズ

「インパクトで腰が止まると、手先で合わせてしまいます。左オシリを後ろに引くようにして、左ヒザを伸ばすと、体がスムーズに回って、振り抜きがよくなります」(稲見)

オシリを引く意識なら、腰がヨコに流れない。フェースを真っすぐ戻しやすく、方向性もよくなる

◆教えてくれたのは…

稲見萌寧 いなみ・もね/99年生まれ、東京都出身。パーオン率1位のショット力を武器に初優勝を達成。19年はQTからの参戦だったが、シードを手中に収めた

.

服部公翼 はっとり・こうすけ/83年生まれ。効率の良い飛ばしレッスンが好評。ビギナーからトッププロまであらゆる悩みに対応してくれる

.

.

ALBAドライバー・アイアン・アプローチぜんぶ女子プロに教わろう! 2020年版掲載 編集/島村涼 撮影/相田克己 岩本芳弘 上山敬太 河橋将史 佐々木啓 鈴木祥 福田文平 富士渓和春 村上航 山上忠 米山聡明

◆この記事をもっと読むなら!