【鈴木愛プロ連続写真】パワフルで安定感のあるドライバーショットは女性ゴルファーのあこがれ!

コースや練習場で、ボールを打ってスキルアップするのもいいけれど、じつはイメージトレーニングも、女性ゴルファーにとって欠かせない練習法です。プロの動きを見て、同じように自分がスイングしている姿を思い描くのがコツ。鏡の前でマネするのも効果的です!

バックナンバーをチェック!女子プロのスイングをプロコーチが解説シリーズ

◆鈴木愛プロは横の動きと左サイドの回転でパワフルなインパクトに注目!

画像/Getty Images

女子プロの中では決して“飛ばし屋”ではありませんが、右から左への重心移動とブレない軸を中心とした回転(トルク)による、安定感のあるショットが特徴です。バックスイングで右足に踏み込んだ重心を、ダウンスイングでは左サイドを回転させて移動することで、パワーを最大限にボールに伝えています。

あくまでも、主導は下半身。スライスやボールが上がらないと悩む人は、しっかりイメージしましょう。

◆右から左への重心移動と、軸の回転で飛距離と方向性を両立 

重心は5:5。グリップは軽く左手を被せたストロング気味。

右に体重は乗っているが、右にスライドしたわけではないので、右足はアドレス時とほぼ同じ角度。

トップの位置からは、上半身は動かさず、下半身の切り返しを始めている。よって捻転差がMAXに。

腰はすでに左サイドに向いている。左への踏み込みで回転(トルク)がMAXになっている。

腰はすでに左サイドに向いています。左脚のスネは地面に垂直になっていて、パワーを受け止める準備完了の状態です。

インパクトでは、左の腰とシャフトが真っすぐ。ターゲットにボールを押し込んでいる

右ワキからヒジまでがカラダについています。インパクトの剛性(力強さ)が高くなっています。

フォローでは、左ヒザがターゲット方向に真っすぐ向いている

ヨコの動きを使っているので、左肩が背中側にぐっと回旋している。クラブの角度にもそれが見て取れる

フィニッシュ!

◆解説してくれたのは…

石井忍プロ。日本大学ゴルフ部を経て1998年プロ入り。ツアーに参戦。2010年よりコーチに転身し、プロをはじめ多くのプレーヤーをサポート。また、雑誌やネットを中心としたメディア活動など、多岐にわたり活動中。千葉市と東京・神保町、赤坂にてゴルフスクール「ACE GOLFCLUB」を主宰。実戦的かつ理論的でわかりやすいレッスンに定評がある。

鈴木愛プロ

1994年5月9日生まれ/2013年プロテスト合格/2019年度国内ツアー7勝、通算16勝、賞金ランク1位/徳島県出身/セールスフォース所属。

撮影/渡辺義孝、村上航、Getty Images エディター/たかはしよし子 

おすすめの記事