片岡大育プロ直伝・冬の飛距離アップ大作戦! 【最終回】クローズスタンスに構えてアウトサイドインに振るドリル

片岡大育プロによる“飛ばし”レッスン。フェアウェイウッド編4回目は、ミート率がアップするドリルを紹介します。

フェアウェイウッドの飛距離が出ない人は、ボールをしっかりつかまえていないからです。まずは、フェースの芯でつかまえる感覚を養いましょう。

「片岡大育プロ直伝・冬の飛距離アップ大作戦!」バックナンバーをチェック

◆アウトサイドに上げてアウトサイドから下ろすイメージを持ちましょう!

ドライバーと同じくフェアウェイウッドもクラブヘッドが重いので、テークバックで極端にインサイドにクラブを引くと、ダウンスイングではヘッドが垂れて下りてきます。

その結果、ボールの手前にヘッドが下りるので、ダフリやチョロといったミスが出てしまいます。バックスイングではアウトサイドにクラブを上げたら、そのままアウトサイドからクラブを下ろしましょう。

アウトサイドにクラブを上げたら、アウトサイドからクラブを下ろしてくるとヘッドが下がらず、ミート率が上がります

アウトサイドインのスイング軌道を身につけたいところですが、ただのカット打ちでは意味がありません。そこでお勧めなのがクローズスタンスに構えてアウトサイドに振り抜くドリルです。

これだと、ダウンスイングでクラブが立った状態で下りてくるため、ダフリやチョロといったミスがなくなります。しかも体を開きにくいので、上体が突っ込みにくくなります。

極端なクローズスタンスに構えてアウトサイドインのスイング軌道で振ると、ボールをつかまえやすくなります

スタンスは左足が右足よりも半分ほど前に出た状態で構えますが、肩のラインはボールと目標を結んだ飛球線と平行にします。フェース面は目標に合わせます。

飛球線に沿ってヘッドを上げたら、ボールの真上からヘッドを下ろすつもりでダウンスイングを行い、インパクト後は体の左サイドに振り抜きます。左に出て右に曲がるフェードボールが出るようになったら、普通に構え、同じイメージで打ってみましょう。

インパクトは体の左サイドに振り抜きます。フェードボールが出るまで練習しましょう

おすすめの記事

  
 
 

Recent articles 最近の記事

Recommended articles 注目記事

Instagram Feed

Something is wrong.
Instagram token error.