【下川めぐみプロが先生】いつも80台で回るためのいろは・セカンドショット編【FW&UTの苦手を克服!】

100切りを目指すゴルファーや平均スコア90台のゴルファーの皆さんが、いつでも80台でプレーするためのコツを伝授する「いつでも80台で回るためのいろは」。教えてくれたのは、ツアーで活躍中の下川めぐみプロです。

【下川めぐみプロが先生】いつも80台で回るためのいろは バックナンバーをチェック

アイアンは好きだけど、フェアウェイウッドやユーティリティが苦手というゴルファーのみなさんは、ぜひこのレッスンを参考に。ボールを上げようとするのがミスショットの原因です。水平に振ることで苦手を克服できますよ。さっそくチェックしていきいましょう!

◆ダウンスイングでは右肩の高さをキープ して!

フェアウェイウッドやユーティリティを苦手にしている人のほとんどは、あおり打ちだと思います。ダウンスイングでスイング軸が右に傾いてしまい、右肩が下がった状態で振っているのです。短いクラブやティアップしているドライバーの場合、 多少あおり打ちになってもダフることなくボールを打てます。

ボールを上げようとするとダウンスイングで右肩が下がる。これが打点がブレる原因

しかし、 フェアウェイウッドやユーティリティなど、長いクラブを芝の上から打つときは、ヘッドが下から入るとダフってしまうのです。このミスを防ぐには肩の回転を意識してみましょう。あおり癖の人は ダウンスイングで右肩が下がり、肩がスムーズに回転していません。右肩と左肩の高さを揃えて、肩を水平に回すイメージを持つとクリーンにインパクトできます。

スイング中は肩を水平に回すイメージを持とう。特にダウンスイングでは右肩を高い位置にキープしておく意識が必要だ

また、右肩を高い位置にキープしたままダウンスイングという意識もオススメ。同様に肩がスムーズにターンします。 それでもダフってしまう人は、実際のボールの前に仮想ボールをイメ ージしてください。ひとつ前のボー ルを打つ感覚を持つと、軸の傾きが変わりにくくなります。

◆【女性にオススメ】1個前の仮想ボールを打つ

実際のボールの1個前に仮想ボ ールをイメージ。そのボールを打 つイメージで振ると、あおり打ちを防ぎやすくなる。

◆【オススメ練習法】ティアップして ボールだけを打つ

高めにティアップしたボールをクリーンに打つ。このとき、ゴムティを打たずにボールだけとらえるのがポイント。右肩が下がった、あおり打ちのスイングでは、ゴムティに当たりやすい。肩を水平に回す意識が必要だ。

これはNG!

ボールを上げようとして、あおり打ちになると、ヘッドが下から入ってゴムティに当たる

◆このLESSONをもっと読みたい方はこちらをチェック!

好評発売中!『下川めぐみのステップアップLESSON いつも80台で回るための工夫

おすすめの記事

  
 
 

Recent articles 最近の記事

Recommended articles 注目記事

Instagram Feed

Something is wrong.
Instagram token error.