【下川めぐみプロが先生】いつも80台で回るためのいろは・セカンドショット編【左足下がり&上がりの傾斜対策!】

100切りを目指すゴルファーや平均スコア90台のゴルファーの皆さんが、いつでも80台でプレーするためのコツを伝授する「いつでも80台で回るためのいろは」。教えてくれたのは、ツアーで活躍中の下川めぐみプロです。

【下川めぐみプロが先生】いつも80台で回るためのいろは バックナンバーをチェック

ラウンド中に必ず遭遇するのが傾斜からのショット。 フラットなライからは自信を持って打てるのに、傾斜になると、どうやって打てばいいのか分からないという人は多いのではないでしょうか。左足下がり、上がりではどんな打ち方をすればナイスショットが出るのか、さっそくチェックしていきましょう!

◆左足下がりでは低い弾道をイメージする!

左足下がりのライはボールを上げにくい状況。ですから、まずは無理にボールを上げようとせず「低い球でいいんだ」と思うことが大切です。アドレスは、傾斜に逆らわず肩、腰、ヒザのラインが傾斜なりになるのが理想。このラインをキープしたままスイングしてください。

ダウンスイングからインパクト、フォローにかけても、ボールを上げにいく動作はNGです。下から上にヘッドを上げようとすると、傾斜に逆らう軌道になってしまい、インパクトが点になってしまいます。また、上体が起き上がる原因にもなるので注意しましょう。インパクトゾーンを長くするためには、低く長くヘッ ドを出すイメージが必要です。

◆踏ん張るのはNG。フィニッシュをとらずにそのまま歩き出す気持ちで!

クラブを持ち上げてフィニ ッシュをとろうするのもミスの元になってしまいます。両足で踏ん張ってフィニッシュをとろうとせず、ダウンスイングからフォローにかけて、右足を地面から離して、歩き出すくらいの気持ちをもってください。実際に歩いてしまっても問題ありません。これで左足下がりのライからナイスショットが打てるようになるはずです。

◆これはNG!

ボールを上げようとして、下から上にヘッドを上げると、インパクトが点になったり、体が起き上がる原因になってしまいます。ダフリが出やすくなるので要注意 !

◆左足上がりは 右足体重フィニッシュ

左足下がりは地面から右足を離して前に歩き出すが、左足上がりは逆と覚えておきましょう。左足を離して右足体重のフィニ ッシュをとることがポイント。また、傾斜に逆らわずにアドレスをするのも同様。左足上がりでは右足体重が正解です。

◆女性にオススメ

ボールが上がりやす いライですが、上げようとするとミスが出てしまいます。ボールを上げる意識は捨て、傾斜なりの目線で構えると、斜面に沿ったスイングがしやすくなる。

◆ ポイント:傾斜なりに構える

アドレスは傾斜に沿って構えるのが鉄則。左足に重心がかかり、軸が左に倒れている状態が左足下がりのライの正しいアドレスです。傾斜に逆らって立つのはNG!

◆このLESSONをもっと読みたい方はこちらをチェック!

好評発売中!『下川めぐみのステップアップLESSON いつも80台で回るための工夫

おすすめの記事