イケメンプロ・塩見好輝が女性のために教える ★超簡単にパットが決まる魔法のストローク★最終回 ピンを挿したまま打つか、抜いて打つか

男子ツアーでも1、2を争うイケメンの塩見好輝プロが、パッティングに悩みを持つ女性ゴルファーに贈る特別レッスンも、今回がいよいよ最後となりました。皆さんの参考になっていれば幸いです。

最終回のテーマは、ピンを抜くか、抜かないかです。ルール改正でピンを抜かずにパッティングをしてもよくなりましたが、果たしてどちらがいいのでしょうか?

イケメンプロ・塩見好輝が女性のために教える ★超簡単にパットが決まる魔法のストローク★バックナンバー

◆2メートル以下の距離で存在が気になるときは、ピンを抜いてから打ちましょう!

仮にピンを挿した状態で構えた際、ピンの影が視界に入るようでしたら、迷わず抜くべきでしょう。影が問題ないなら、距離に応じて変えるのも作戦です。

個人的には2メートル以下のパッティングではピンを抜いて、それ以上なら挿したまま打ちます。なぜなら、2メートル以下は入れにいき、2メートル以上は寄せにいくからです。

カップに入れにいくときでも、ピンが気にならなければ抜く必要はありません。
ただ、距離が長いときにピンを挿していた方が、目線が高くなり、カップ方向に体が突っ込むのを防げます

強めに打つ人はピンを挿したまま打ったほうがいいでしょう。万が一、強く打ち過ぎたときに、運よくピンに当たって、カップをそれほどオーバーしないラッキーもあるからです。

また、カップに届かないことが多い人もピンを挿したまま打つのは有効です。“カップに入れる”よりも“ピンに当てる”ほうが、強く打てるからです。

タッチが弱い傾向の人は、ピンを挿しておき、ピンにボールを当てるつもりで打ちましょう

ピンを挿したままでのパッティングは今年からのルールなので、ピンの存在にまだ違和感がある人は抜けばいいし、あまり気にならないと言う人は挿したままプレーするのが一番です。

ただ、ピンの素材が軟らかく、風でグラグラ動いているときは抜きましょう。ボールの入り口が狭くなって、弾かれる危険があるからです。

強風のとき以外は、ピンを挿したままパッティングするほうが、メリットが大きいといえます

撮影協力/南総カントリークラブ

おすすめの記事

  
 
 

Recent articles 最近の記事

Recommended articles 注目記事

Instagram Feed

Something is wrong.
Instagram token error.