【下川めぐみプロが先生】いつも80台で回るためのいろは・ドライバー編【朝イチティショットの工夫】

100切りを目指すゴルファーや平均スコア90台のゴルファーの皆さんが、いつでも80台でプレーするためのコツを伝授する「いつでも80台で回るためのいろは」。教えてくれたのは、ツアーで活躍中の下川めぐみプロです。

【下川めぐみプロが先生】いつも80台で回るためのいろは バックナンバーをチェック

◆グラつかない! 3 秒STOPフィニッシュで振りましょう

緊張するスタートホールのティショットは、体が思い通りに動かず、左右に大きく曲がったり、ダフリやトップが出やすくなります。80台を狙うためには、朝イチはとくに無理に飛ばそうとせず、方向性重視を心がけましょう。

前回までのレッスンのとおり、「フェースをスクエアに出すこと」、「前傾姿勢をキープすること」を徹底し、そのうえで注意すべきポイントを解説していきます。

ひとつはクラブを短く握ること。強く振ろうとしてしまう意識をやわらげ、スイングがコンパクトになるので確実性がアップします。また、「8割スイング」を心がけることで力まずに振りやすくなります。

朝イチはダウンスイングで体の回転が止まりやすいので、こちらも要注意。右肩がアゴの下にくるまでボールを見続けると、ヘッドアップせずに体を回すことができます。

バランスよくスイングできれば、左足に体重が乗り、バランスがとれたフィニッシュがとれます。フィニッシュで 3 秒間止まるようにすると、スイングが安定しますよ。

◆【NG例】こんなフィニッシュは禁物です!

朝イチから無理にボールを飛ばそうとすると、スイング軸がブレやすい。おへそが上を向いたフィニッシュは前傾姿勢が崩れた証拠。また、手打ちをすると体が回りきらなくなる

◆【ポイント1】いつもより指1~2本分 短く、ゆるく握るべし

いつも以上に方向性を重視するショットを打つときは、クラブを短く握りましょう。いつもより指 1~2本分短く、が目安。スイングがコンパクトになり、力みをなくすことができるようになります。また、グリッププレッシャーを強くせず、ゆるく握ることもポイント。

◆【ポイント2】 顔を右に向けて打つとバランスアップ!

右肩をしっかり回してアゴにつける!

緊張していたり、まだ体があたたまっていない朝イチは、体がしっかり回りません。意識して体を回転させるようにしてください。ダウンスイングでは、顔を飛球線後方に向けながら右肩をアゴの下に入れる。この意識でスムーズにターンしやすくなります。

◆このLESSONをもっと読みたい方はこちらをチェック!

好評発売中!『下川めぐみのステップアップLESSON いつも80台で回るための工夫

おすすめの記事

  
 
 

Recent articles 最近の記事

Recommended articles 注目記事

Instagram Feed

Something is wrong.
Instagram token error.