【下川めぐみプロが先生】いつも80台で回るためのいろは・ドライバー編【地面反力スイングで筋力以上のパワーを使う!】

100切りを目指すゴルファーや平均スコア90台のゴルファーの皆さんが、いつでも80台でプレーするためのコツを伝授する「いつでも80台で回るためのいろは」。教えてくれたのは、ツアーで活躍中の下川めぐみプロです。

【下川めぐみプロが先生】いつも80台で回るためのいろは バックナンバーをチェック

左への体重移動ができるようになったら、脚力を使うことで飛距離をさらに伸ばすことができます。 左ヒザを思い切り伸ばして、“地面反力”上手に使い、筋力以上のパワーを発揮しましょう。 左のお尻を意識することで、脚力をさらに効果的に使うこともできるようになりますよ。

◆左ヒザの曲げ伸ばしで「地面反力」発生!筋力以上のパワーが使えます

地面を思い切り蹴るには、まずヒザを曲げておく必要があります。切り返しで左サイドに体重移動するときは、左ヒザを曲げるようにしましょう。スムーズに体重移動することができるし、ヒザが曲がっているほどパワーを溜めることができます。

アドレスからトップ、切り返しにかけて、ヒザを曲げて体を沈み込ませるイメージを持つといいでしょう。

トップから切り返しに以降する際、沈み込むように左ヒザを曲げるとスムーズに左サイドへの体重移動が可能に。切り返しでヒザを曲げておくと、ダウンで地面を蹴りやすくなります。

左ヒザをしっかり曲げたら、ダウンスイングで地面を蹴りながらインパクトに向かってヒザを伸ばしていきます。手元が腰の高さに落ちてきたときに左ヒザを伸ばすと、タイミングよくインパクトできます。

手元を落下させるようにダウンスイングしたら、左ヒザを一気に伸ばしていきます。この時、体の回転は止めません。手元が右腰の高さまで下りてきたときに、左ヒザを伸ばすとタイミングばっちり!

また、切り返しでは左のお尻を後ろに引っ張り上げてください。腰をスムーズにターンさせながら地面反力を使えます。

ダウンスイングは、左のお尻を後方に引っ張り上げるように使いましょう。腰をスムーズにターンさせながら、左ヒザを伸ばすことができます。

◆オススメ練習法!重さの違うバットで10回素振りにトライ

飛距離アップには、スピードとパワーがどちらも必須。重たいバットで 5回素振りをした後に、軽いバットで 5回素振りをしてみましょう。連続して素振りすることで、リミッターが外れ、スピードとパワーを同時に手に入れることができますよ!

◆このLESSONをもっと読みたい方はこちらをチェック!

好評発売中!『下川めぐみのステップアップLESSON いつも80台で回るための工夫

おすすめの記事

  
 
 

Recent articles 最近の記事

Recommended articles 注目記事

Instagram Feed

Something is wrong.
Instagram token error.