【下川めぐみプロが先生】いつも80台で回るためのいろは・セカンドショット編【ラフからの脱出!】

100切りを目指すゴルファーや平均スコア90台のゴルファーの皆さんが、いつでも80台でプレーするためのコツを伝授する「いつでも80台で回るためのいろは」。教えてくれたのは、ツアーで活躍中の下川めぐみプロです。

【下川めぐみプロが先生】いつも80台で回るためのいろは バックナンバーをチェック

今回のテーマは、ラフからのショット。ラフからのショットでは、あおり打ちは禁物です。芝の抵抗を受けることになり、振り抜けなくなってしまいます。ラフからはとにかく上から打ち込むことがポイント。ただし、 打ち込みにいってはいけないんです。〝打ち込まずに打ち込む〟とは、どういうことなのか、さっそくチェックしていきましょう。

◆アドレスでは、打ち込む体勢をつくりましょう

左体重で、軸を左に傾けたまましっかり振り抜きます

ラフからのショットで、もっとも警戒しなければいけないのは、芝の抵抗です。フェアウェイと同じ感覚でスイングすると、ヘッドが芝につっかかってしまい振り抜けなくなります。ボールが飛ばないことは当然ですが、ネックにヘッドが絡まり、フェースが返りすぎて左にミスが出ることもあります。

こういったミスを防ぐには、上から打ち込むことがポイントになります。ただし、打ち込みにいくスイングはNG腕に力が入ってしまうので、あらゆるミスが出やすくなるからです。

打ち込みにいかず打ち込むことができるスイングは、アドレス段階でつくりますが、とても簡単。左足 7 :右足3くらいの体重配分で構えるだけでOKです。

左に傾いた軸をキープしたまま打てば、スイング中に操作しなくても打ち込めるスイングになります。

アドレス時には、もうひとつポイ ントがあります。フェースを少しだけ開くこと。これだけでフェース面にかかる芝の抵抗を減らすことができるので、ヘッドの抜けがよくなります。打ち込んで終わりではなく、しっかり振り抜きましょう。

◆これはNG!

軸が左に傾きすぎると、カット軌道になってダフる原因に。反対に軸が右に傾くと、 ヘッドが下から入って、ラフの抵抗を大きく受けて飛ばなくなってしまいます。

◆女性にオススメ 【ポイント1】フェースを少し開きましょう!

スクエアに構えると、フェース面 が芝の抵抗を受けて、ヘッドの抜けが悪くなる。飛距離が落ちたり、方向性が乱れる原因に。フェース面を少しだけ開いてアドレスしよう。芝の抵抗を減らすことができ、振り抜きやすくなる。

◆女性にオススメ 【ポイント2】左足体重で構えましょう!

ラフからのショットはアドレスの体重配分がカギ。左足7:右足3の割合で構え、軸をやや左に傾けておきます。軸の傾きはスイング中、キープしておくこと。これだけで上から打ち 込む体勢になり、芝の抵抗を受けにくくなります。

◆このLESSONをもっと読みたい方はこちらをチェック!

好評発売中!『下川めぐみのステップアップLESSON いつも80台で回るための工夫

おすすめの記事

  
 
 

Recent articles 最近の記事

Recommended articles 注目記事

Instagram Feed

Something is wrong.
Instagram token error.