【下川めぐみプロが先生】いつも80台で回るためのいろは・3パットしない!1ラウンド30パットへの道編【距離感】

100切りを目指すゴルファーや平均スコア90台のゴルファーの皆さんが、いつでも80台でプレーするためのコツを伝授する「いつでも80台で回るためのいろは」。教えてくれたのは、ツアーで活躍中の下川めぐみプロです。

【下川めぐみプロが先生】いつも80台で回るためのいろは バックナンバーをチェック

パッティングにおいては、左右対称の振り幅を心掛けることも重要です。 軌道が安定して再現性が高くなるため、距離感が合わせやすくなります。 また「自分の基準をつくること」も大切。さっそくレッスンをチェックしていきましょう!

◆ストローク中に力を加減するのはNG!

1ラウンド 30 パットでおさめるには、距離感を合わせることも重要です。大きくバックスイングした後、力を弱めてインパクトしたり、反対に小さくバックスイングし、強くインパクトして大きくフォローを出そうとすると、距離感を合わせることができません。

パッティングでは、左右対称の振り幅を心がけるようにしてください。ヘッド軌道が安定して最下点がブレにくくなり、いつでも同じスピード、力感でボールをヒットできるようになります。

次に大切なのは自分の基準をつくること。左右対称を意識しながら、自分の気持ちいい振り幅でストロークしてみてください。そのときコロがった距離が自分の基準。何球か打ってみて、同じエリアにボールが止まるようになったら、歩測して距離をチェックしましょう。

朝の練習グリーンで基準の距離をチェックしておけば、ラウンド中に「自分の基準の距離よりも長いから振り幅を大きくしなければいけない」など、距離のイメージを持つことができるのです。

◆女性はココに注意~左右の振り幅が変わると打点が狂いやすくなる~

インパクトからフォローにかけて距離感を調整するのはNG。ストロークの力感がまちまちになり、距離感が合わなくなる

◆自分の物差しをつくる!「気持ちいい距離」は何m?

左右対称を意識し、自分が気持ちよくストロークできる振り幅で打ってみよう。そのときコロがった距離が自分の基準になります。タッチを合わせるには、基準の距離をつくっておく ことが重要です。

◆このLESSONをもっと読みたい方はこちらをチェック!

好評発売中!『下川めぐみのステップアップLESSON いつも80台で回るための工夫

おすすめの記事

  
 
 

Recent articles 最近の記事

Recommended articles 注目記事

Instagram Feed

Something is wrong.
Instagram token error.