【下川めぐみプロが先生】いつも80台で回るためのいろは・アプローチ編【“3回素振り”でバンカー越えを狙え!】

100切りを目指すゴルファーや平均スコア90台のゴルファーの皆さんが、いつでも80台でプレーするためのコツを伝授する「いつでも80台で回るためのいろは」。教えてくれたのは、ツアーで活躍中の下川めぐみプロです。

【下川めぐみプロが先生】いつも80台で回るためのいろは バックナンバーをチェック

今回は、バンカー越えのテクニックを勉強していきましょう。

視覚的なプレッシャーを感じてしまう、バンカー越えのシチュエーション。 いつもなら難なくグリーンをとらえられる距離でも、バンカー越えになると 急に難易度がアップしますよね。この状況で確実にグリーンオンさせるには、いったいどうすればいいのでしょうか?

◆距離感がバッチリ合う“ 3回素振り ”でグリーンに乗せる力加減をチェック!

ぜひ、ルーティンに取り入れて。大叩きがなくなりますよ。

バンカー越えのシチュエーションでオススメなのが“ 3回素振り ”です。最初はバンカーに入る距離を打つイメージで素振りをしてください。次にグリーンをオーバーする振り幅で素振りをしま す。そして3回目は、その間の振り幅で素振りをするのです。これで、グリ ーンをとらえられる振り幅が分かり、自信を持ってしっかりスイングできるようになります。

このとき注意するポイントは、左右対称の振り幅にすること。バックスイング側とフォロー側の振り幅が変わると、スイングの力感が変わったり、打点がブレやすくななってしまいます。バ ンカー越え以外のシチュエーションでも効果的な3回素振り。ルーティンに取り入れてみてください!

★素振り1回目

バンカーに入る振り幅

★素振り2回目

グリーンを越える振り幅

★素振り3回目

中間の振り幅

◆【女性はココに注意】振り幅は左右対称が基本です

これはNG!

実際に打つときも左右対称の振り幅を意識しよう。オーバーを怖がり、ゆるめたりしてはダメ。バックスイング側とフォロー側の振り幅を同じ にすることでスイング軌道が安定して、最下点が狂いにくくなります。また、力みを防ぐ上でも左右対称の振り幅は効果的ですよ。

◆このLESSONをもっと読みたい方はこちらをチェック!

好評発売中!『下川めぐみのステップアップLESSON いつも80台で回るための工夫