【下川めぐみプロが先生】いつも80台で回るためのいろは・アプローチ編【まーるい軌道で球をひろう】

100切りを目指すゴルファーや平均スコア90台のゴルファーの皆さんが、いつでも80台でプレーするためのコツを伝授する「いつでも80台で回るためのいろは」。教えてくれたのは、ツアーで活躍中の下川めぐみプロです。

【下川めぐみプロが先生】いつも80台で回るためのいろは バックナンバーをチェック

ラフの中でも厄介なのが逆目のライ。ヘッドが芝に刺さっ てしまい、振り抜けなくなるケースもありますよね。このシチュエーションでミスなくアプローチするには、 緩やかな軌道でヘッドを動かすことが大切です。 コツは、ティアップしたボールをクリーンに打つイメージ。さっそく勉強していきましょう!

◆サラッとボールだけ拾うように打ちましょう!

逆目のラフでは〝力技〞でアプロ ーチをしようとすると、ミスの原因になります。芝に負けないように思いっきり打ち込みたくなる気持ちはわかりますが、 どんなに強く打ち込んでも、ヘッドは芝の根っこには勝てないもの。

逆目のラフからミスなく打つためには、どうすればいいのでしょうか。クラブのヘッドは芝の根っこには負けてしまいますが、葉には勝つことができます。つまり、芝の先っぽの方だけにヘッドを入れる打ち方をすればいいんです!

具体的には軌道を鈍角にするということ。ダウンブローでVの字にヘッドを動かそうとするのではなく、ヘッドを低い位置から入れて、まーるい軌道でサラッとボールを拾ってみてください。芝の抵抗を極力減らして振り抜くことができます。

ただし、芝の根っこに近いところにヘッドを入れると、芝の抵抗が強くなってしまいます。アドレスでグリップを短く持ち、根っこに当てずに打てるよう準備をしてください。

また、とくに女性は「打ち込まなきゃ!」と思ってスイング軸を左に傾けてしまうケースがあります。軸は真っすぐキープして、サラッとボールを拾うように打ちましょう。

◆ポイント1:グリップは短くしっかり持つ

クラブを短く握るのが、ひとつめのポイントです。ヘッドが根っこまで入りづらくなり、芝の抵抗を減らすことが できます。また、緩めてクラブを持つと、芝に負けて手の中でグリップがズレてしまうこともあるので、しっかり握ることが大事。

◆ポイント2:思い切り打ち込むと芝の根に負けてしまう!

ダウンスイングで軸を左に傾ける打ち方はNG。入射角がきつくなっ てしまい、ヘッドが根っこまで届きや すくなってしまいます。スイング軸はアドレス時のまま。真っすぐ立てておき、フィニッシュまで傾かないように注意しましょう。

◆これはNG!

逆目のシチュエーションでは、ダウンブローで打ち込むスイングはNG。ヘッドを上から入れてしまうと、インパクトで芝に負けてしまい、振り抜けなくなってしまいますよ。

◆このLESSONをもっと読みたい方はこちらをチェック!

好評発売中!『下川めぐみのステップアップLESSON いつも80台で回るための工夫

おすすめの記事