イケメンプロ・塩見好輝が女性のために教える ★超簡単にパットが決まる魔法のストローク★第10回 スタート前の練習法

男子ツアーでも1、2を争うイケメンの塩見好輝プロが、パッティングに悩みを持つ女性ゴルファーに贈る特別レッスン。第10回のテーマはスタート前の練習法です。

せっかく貴重な時間を費やすわけですから、単にボールを転がすよりも、効果的な練習をしたほうがいいと思いませんか? 

距離感を合わせたり、フェースの向きをチェックするだけでパット数が減る練習法を紹介しましょう。

イケメンプロ・塩見好輝が女性のために教える ★超簡単にパットが決まる魔法のストローク★バックナンバー

◆1m、5m、10mの距離感を把握しておきましょう!

練習グリーンではボールを3球用意して、最初に10メートルの距離を打ちます。この場合、カップに入る、入らないは関係ありません。半径1メートルぐらいの円をイメージしてその中にボールが全て入るまで続けます。これぐらいの振り幅なら10メートル転がるんだと覚えることが大切です。

どれぐらいの振り幅なら10メートル転がるのかをスタート前の練習グリーンで把握しておきましょう。半径1メートルの円に入るかどうかが目安です

10メートルの距離感をつかんだら、次は5メートルです。やはり半径1メートルの円をイメージし、その中にボールを3球入れるまで練習します。カップに入るかどうかは気にしないこと。どれぐらいの振り幅なら5メートル転がるのかを把握しましょう。

5メートルの距離から半径1メートル以内に寄せる練習を行ないます。簡単と思うかもしれませんが、確実に2パットに収めるためには必要な練習です

最後に1メートルの距離を練習します。この距離は確実に入れたいので、振り幅を把握すると同時に、フェース面が目標を向いているかどうかもチェックします。

以前説明した『テークバックをとらないストローク』を行うことで、フェース面がどこを向いているのかチェックできます。

そのストロークでカップインしたら、普通に打ちましょう。10、5、1メートルの距離感が分かれば、その間の距離も打てるようになります。

テークバックをとらずにストロークすると、フェースがどこを向いているのかをチェックできるので試してみましょう

撮影協力/南総カントリークラブ

おすすめの記事

  
 
 

Recent articles 最近の記事

Recommended articles 注目記事

Instagram Feed

Something is wrong.
Instagram token error.