イケメンプロ・塩見好輝が女性のために教える ★超簡単にパットが決まる魔法のストローク★第9回 曲がるラインの打ち方

男子ツアーでも1、2を争うイケメンの塩見好輝プロが、パッティングに悩みを持つ女性ゴルファーに贈る特別レッスン。第9回の曲がるラインの打ち方です。

ストレートなラインならオーケーの距離に寄せたり、カップインすることがあるものの、曲がるラインになった途端、ボールがカップに寄らなくなった経験はありませんか? 

曲がるラインには、曲がるライン用の打ち方があるんです。ぜひ頭の中に入れておきましょう。

◆どんなに曲がるラインでも、打ち方はストレートラインと同じ!

例えばグリーンが右に傾斜しているなら、ボールは確実に右へ曲がります。つまり、カップインさせるには、カップの左にボールを打ち出さなければいけません。

ところが、アドレスではカップの左に向かって構えていても、いざ打つとなると、カップに向かってヘッドを出そうとします。その結果、ボールはカップに向かって転がっていき、カップの右に外れます。

しかも、フェースが開いた状態インパクトを迎えるので、よけいにボールに右回転がかかり、どんどん右に曲がります。これが、曲がるラインを外す一番の原因です。

右に曲がるラインのときは、カップの左を狙い、そこに対してフェースをスクエアに合わせましょう(ボールからカップの左横に対して真っすぐなラインを入れて下さい)

右に傾斜していると判断したら、どれぐらい右に曲がるのかを予想しましょう。カップ一つ分なのか、2つ分なのか、あるいは5つ分なのか、ボールが転がっていく様子をイメージします。

曲がる度合を決めたら、あとはそこに対して足、腰、肩といった体のラインをスクエアに合わせます。ボールのすぐ先に目印を探し、ストローク中は見つけた目印の上を通過させることだけを考えてください。

ライン上でボールの近くに目印を探し、その目印へ向かってヘッドを出します。ボールが目印の上を通過することだけに意識を集中しましょう(ボールの少し手前に✖印か☆印を入れて下さい)

曲がるラインでカップを外したら、がっかりする暇はありません。必ずボールがどのように転がっていくのかをチェックしましょう。右に曲がっていたなら、返しのパットでは左に曲がるからです。

その際、ボールが転がるスピードもチェックしておけば、距離感もつかめます。したがって、曲がるラインにおいてショートすることだけは禁物です。

曲がるラインではショートは禁物。ボールがカップを過ぎた後、どのように転がるのかを必ず見ておきましょう

撮影協力/南総カントリークラブ

おすすめの記事

  
 
 

Recent articles 最近の記事

Recommended articles 注目記事

Instagram Feed

Something is wrong.
Instagram token error.