スッキリ解決!ショートゲームのお悩みに答えます★【7】ショートパット攻略

ドライバーやアイアンの飛距離を伸ばすことは簡単にはできませんが、アプローチやパットなどのショートゲームなら、力のない女性でも“プロのように”打てる可能性は十分あります。女性特有のお悩みを一緒に解決していきましょう!

◆【お悩み】ショートパットを1発で沈めるコツを教えてください

イメージ/写真AC

1~2メートルくらいの短いパットくらいは確実に入れられるようになりたいです。プロはいとも簡単に入れてしまいますが、何かコツみたいなものはありますか?

◆短い距離でもしっかり打つことが大切です

短いパットだからといって、ボールに当てようとする動きはダメ。どれだけ短い距離でも、ボールに良い回転をさせることを意識してください。

そのためには、短くてもしっかりインパクトすることが重要。カツンという音がするくらい、しっかり打つことで、球の回転が良くなり、多少曲がるラインでも切れる前に入れることができます。

インパクトで当てようとすると、フェース面の向きが狂いやすくなる。たかが1~2メートルくらいの短い距離なのに、狙ったラインに打ち出せないのは、インパクトに問題があるのです。

“アドレスで構えた位置に戻す”。これは、アプローチでも話したことですが、グリーン上を含めて、グリーン周りではこれがキーワードになります。

◆ここがポイント

ヘッドを打ち出したい方向に出そうとすると右に押し出すミスになるので、打ち出したいラインよりも少し左側に振り抜きましょう。

また、アドレスでフェース面をスクエアにセットできていないと、インパクトでも当然フェース面は狂ってしまいます。インパクトでフェース面をまっすぐに戻すことが大切。手を使いすぎると、真っすぐに戻せなくなるので注意。

※この記事は、Regina女性ゴルファーのためのスコアアップBOOKに掲載されたものを再編集したものです。

おすすめの記事

  
 
 

Recent articles 最近の記事

Recommended articles 注目記事

Instagram Feed

Something is wrong.
Instagram token error.