イケメンプロ・塩見好輝が女性のために教える ★超簡単にパットが決まる魔法のストローク★第7回 ロングパットの距離感をつかみましょう!

男子ツアーでも1、2を争うイケメンの塩見好輝プロが、パッティングに悩みを持つ女性ゴルファーに贈る特別レッスン。

第7回のテーマはロングパットの距離感です。10~15メートルの距離でもきっちりと1パット圏内に寄せることができれば、スコアは一気に縮まります。まずは寄せる感覚を身につけましょう。

イケメンプロ・塩見好輝が女性のために教える ★超簡単にパットが決まる魔法のストローク★バックナンバー

◆カップに向かってボーリングのように ボールを転がしてみましょう!

以前、ある実験をしたことがあります。といっても難しいことではなく、15メートルぐらい先にあるカップに対して、ボールを下手投げで転がして寄せる実験です。

要は、ボーリングのイメージで転がしますが、不思議なことに、プロゴルファーとアマチュアでは大きな違いが生まれました。

プロはショートすることが多く、アマはオーバーすることが多かったんです。

ゴルフボールを下手投げでカップに向かって転がしてみましょう。何も考えず、ボールがどこまで転がるのかをチェックします

なぜプロはショートして、アマはオーバーしたのでしょうか。それは、ボールの転がるスピードを考えているかどうかです。

プロはこれぐらいのスピードならカップまで届くと計算して転がすのでカップをオーバーすることがありません。ところが、アマは転がるスピードを考えずにある意味適当に腕を振るのでカップを大きくオーバーします。

ロングパットの距離感もまさにこのボール投げと同じです。

アマは何も考えずに腕を振るのでオーバーしやすいが、プロはボールの転がるスピードを計算して転がすのでカップに寄る確率が高くなります

ロングパットを打つときは、ボールがどれぐらいのスピードで転がっていくのかをイメージしながら素振りを行ないます。すると、そのスピードに合わせた振り幅になるだけでなく、インパクトが強くなることもなくなります。

まずは、スタート前練習グリーンでボールを下手投げで転がし、ボールがどれぐらいのスピードで転がれば、どれだけの距離が出るのかを把握しておきましょう。

ボールが転がるスピードをイメージできると、ロングパットの距離感がアップします

おすすめの記事

  
 
 

Recent articles 最近の記事

Recommended articles 注目記事

Instagram Feed

Something is wrong.
Instagram token error.