イケメンプロ・塩見好輝が女性のために教える ★超簡単にパットが決まる魔法のストローク★  第1回 グリップ

高校、大学でゴルフ部のキャプテンを務め、ともにチームを日本一に導いた経歴を持つ塩見好輝プロ。男子ツアーでも1、2を争うイケメンプロとしても有名です。その塩見プロが、パッティングに悩みを持つ女性ゴルファーのために基本から丁寧にレッスンします。第1回はグリップです。

塩見好輝プロ

親指と人差し指でホースの先をつまむイメージで握る

皆さんはパッティングのストロークを行うとき、どのようなことを考えていますか? ヘッドを真っすぐ引いて真っすぐ出すと心がけている人もいるでしょう。でもちょっと待って下さい。そのヘッドを動かしているのはパターを持っている腕なんです。

狙ったところにボールを打ち出すためにも、まずはパターを正しく握ることから始めましょう。私がお勧めするのはノーマルのオーバーラッピンググリップですが、左手が方向指示器、右手がエンジンのイメージです。

目標に向ってボールを打ち出すには、左手のグリップが大切だと理解しましょう。

左手の生命線のところにできるくぼみにパターのグリップを乗せる

そのまま軽く握る

左手でパターを握るときに大切なのが、シャフトと左腕が一直線になることです。さらに、フェース面と左手甲が同じ向きになるようにします。左手の親指はグリップ部の平らな面の上に乗せておきましょう。この形ができれば、カップインの確率は一気に上がります。

左の前腕とシャフトが一直線になるように握り、左手甲とフェース面が同じ向きになるようにする。実際にストロークするときは、左手甲を目標に向って動かすだけでボールは狙った方向に転がっていく

左手親指はグリップの平らなところの上に乗せておく

左手のグリップが決まったら、右手でもパターを握ってグリップを完成させましょう。右手の親指もグリップの平らなところに乗せます。

パターを握る強さですが、ショットと違い、クラブを速く振ることがないので力を入れる必要はありません。ホースで水を出すときに先端をつぶして出口を2つにした経験はありません? そのときと同じように右手も左手も親指と人差し指でホースの先をつまむつもりでパターを握りましょう。適度なグリッププレッシャーで握ることができます。

グリップを変えると最初は違和感があると思いますが、すぐに慣れるものです。カップイン率を高めるためにも、あえてグリップを変えることに挑戦しましょう!

ホースの先を親指と人差し指でつまんでつぶすイメージでパターを握る

おすすめの記事

  
 
 

Recent articles 最近の記事

  1. 日本女子プロゴルフ選手権コニカミノルタ杯で初日3位タイ発進の木村彩子プロ

Recommended articles 注目記事

Instagram Feed

Something is wrong.
Instagram token error.