【スタート前35分の朝ドリル】スタートホールから振れる!重要部位を動かすストレッチドリル【2】

ツアープロはスタート前、どれくらい準備に時間をかけていると思いますか? 答えは…約2時間半! でも、それを私たちが実践するのは、ハードルが高い…ですよね。そこで、必須ポイントだけを凝縮したオリジナルドリルを作成。これならきっと、できるはず!

5分で完了☆ スタートホールから触れる!重要部位を動かすストレッチドリル【2】

朝イチのショットが上手くいかないと、その日1日ずっと不安を抱えてティショットを打つことに…。そんな悪循環に陥るのを避けるためには、“動かせる体”づくりが必要です。

スタートホールから触れる!重要部位を動かすストレッチドリル【1】はこちら!

【STEP4】太もも裏~背中ストレッチ

足を肩幅より少し広めに開き、上半身を前に倒す。伸ばした両手でウェッジのグリップエンドを押さえ、地面に対しクラブが垂直になるようにキープ。「背中だけでなく、太もも裏まで伸びていることを意識して」

【STEP5】手首ストレッチ

グリップした両手を円を描くように360度回転させ、手首周りをほぐしていく。使うクラブは重さを感じられるウェッジがベター。「グリップする際に、力が入っているとスムーズに回らないので、手首の力は抜くのがポイントです。

【STEP6】アキレス腱ストレッチ

え、アキレス腱?!と馬鹿にするべからず。「アップダウンの激しいコースや斜面にボールを探しに行くときに、アキレス腱は非常に重要な役割を果たします。足を前後に大きく開き、アキレス腱を伸ばしていきましょう」。体が硬い自覚がある人ほど、忘れずに。

次回更新では練習場でのドリルをご紹介。ぜひトライしてみてくださいね!

教えてくれたのは、吉本舞さん

1990年7月25日生まれ。佐賀県出身。5歳でゴルフを始める。佐賀県ジュニア連覇、高校時代は日本女子アマ出場。葛城ゴルフ倶楽部(静岡県)に所属し、現在はツアーコーチを務める森守洋氏主宰の『東京ゴルフスタジオ』にてレッスンを担当。USLPGA。インスタグラム@maiyoshimoto_

Regina初夏号より掲載 撮影/石山貴史、エディター/一寸木芳枝、撮影協力/KOSHIGAYA GOLF CLUB

おすすめの記事

  
 
 

Recent articles 最近の記事

Recommended articles 注目記事

Instagram Feed

Something is wrong.
Instagram token error.