永井花奈プロに学ぶ“ベタピン”寄せの極意【2】ランニングアプローチ編

グリーンに乗ったら果敢に攻めてバーディを狙う。パーオンできなくても、寄せワンでピンチをしのぐ。そんな積極的なプレーが魅力の永井花奈プロがReginaに登場!確実にピンに寄せるアプローチのコツを教えてもらいました。

永井花奈プロ。今年はヤマハスイングレディースの一員としてツアーで活躍中!

永井花奈プロに学ぶ“ベタピン”寄せの極意【1】ピッチ&ラン編

連続写真でイメトレ! ピンが遠いときのランニングアプローチ

落としたところから長くコロがしたいとき

足をそろえてハンドファーストの形をつくる。ロフトが立つので、振り幅は小さくてOK! 手先は使わず胸の回転でクラブを上げ下げする。

ハンドファーストの形をキープしてインパクト。短い距離でもフィニッシュはきちんととる。

指導/永井花奈プロ

1997年6月16日生まれ。東京都出身。155cm。2016年プロテスト合格。2018年シーズン、リカバリー率8位、サンドセーブ率2位、賞金ランク22位。デンソー所属。

 

 

Regina 2019年初夏号掲載 撮影/福田文平 エディター/たかはしよし子

おすすめの記事

  
 
 

Recent articles 最近の記事

Recommended articles 注目記事

Instagram Feed

Something is wrong.
Instagram token error.