ビギナー必見!スマートゴルファーへの道 ゴルフにおける“時間”ルール編【1】

マナーがあるスポーツだからこそ、さらりと振舞える女性に憧れます♡いまさら聞けない基本常識から素朴な疑問まで、ズバッと解決しちゃいます!疑問を解決して、デキるゴルファーを目指しましょう♪

気持ちよいプレーのための基本マナー ゴルフにおける“時間”ルール

「プレーファスト」や「スロープレー」などの言葉があるように、ゴルフは時間にシビア!これもすべて、全員が楽しくプレーをするため。スタート時間を基準に、朝の集合すべき時間を逆算したり、ラウンド中のスムーズな行動に気を付けることを心掛けておきましょう!

Q「ゴルフ場には、スタート時間のどのくらい前に到着しておくべきですか?」

A 1時間前には到着しておきましょう。

到着後、受付→着替え&身支度→練習もパッティングまでするなら、1時間は欲しいところ。初心者ほど、朝の練習はしたほうが良いです。車で向かう場合は、渋滞も考慮して早めに家を出るなど、時間に余裕を持つことが、リラックスしてプレーできるカギになります。

Q「スタート時間は8:42です」と指示されました。8:42にスタートホールに集合するということですよね?

A NO。スタート時間というのは、ひとり目が打つ時間です!

スタート時間は、あくまでも“ティオフタイム”のこと。約10分前、自分の2組前が開始している時間には、スタートホールにいるようにしましょう。クラブ確認やボールなどの小物の準備、打順決めをその時間に済ませておきましょう。

Q「そもそもどうして【ハーフプレーは2~2.5時間】というように、時間の目安があるの?」

A そのゴルフ場でプレーをする全員で、日没までの時間を割っているから。

日の出から日没まで、多くの人がプレーを楽しみます。もし遅延が発生すると、最終組が日没にかかってしまい、プレーを断念せざるをえない状況に。ゴルフ場は、1ホール約15分程度でプレーできる設計なので、スロープレーにならないように気をつけましょう。

教えてくれたのは【日本女子プロゴルフ協会ティーチングプロA級 別府有里子プロ】

社会人になってからゴルフをはじめ、遠回りしながら上達した自身の経験を活かし「からだ気づき」~自分を知ろう!~をテーマに都内でレッスンを展開中。株式会社『Be Your Style99』代表。

Regina 2016年秋号より イラスト/いいあい エディター/佐藤繭子

おすすめの記事

  
 
 

Recent articles 最近の記事

Recommended articles 注目記事

Instagram Feed

Something is wrong.
Instagram token error.