ビギナー必見!スマートゴルファーへの道 ゴルフ場の行き帰りスタイル編【2】

マナーがあるスポーツだからこそ、さらりと振舞える女性に憧れます♡いまさら聞けない基本常識から素朴な疑問まで、ズバッと解決しちゃいます!疑問を解決して、デキるゴルファーを目指しましょう♪

ゴルフ場の行き帰りスタイル

プレーする前にまずぶつかる壁。行き帰りやクラブハウス内での服装にもドレスコードは存在します。「ゴルフ場のHPで確認を」というけれど、女性の服装については若干曖昧。OKなのかNGなのか、細かい疑問にお答えします!

Q「規定でよく見る、【極端に短いボトムスはご遠慮下さい】の極端ってどこから?!」

A 許されるのは、ひざ上5cm程度。

ひざが隠れなくても良いのですが、立ち座りの動作で裾が上がってきても、太ももの露出が気にならないのがこのくらい。ワンピースも同様です。

Q「ひざ下の丈だし、ガウチョパンツでも大丈夫ですか?」

A 迷ったら避けるのが無難。

最近はオフィスで通用するキレイめガウチョもあり、着こなしによっては必ずしもNGではないものの、初めての場所では様子を見るという意味で避けるのが〇。

Q「寒い時期でも、やっぱり基本スタイルは崩しちゃいけないの?」

A ハイネックやブーツもOKです。

首元が隠れるハイネックやタートルネックは、襟と同等の扱いです。ブーツも問題ありませんが、カジュアルすぎるムートンブーツなどはやめましょう。

Q「ヒール靴もタイプがさまざま。正直どれがOK・NGかわからない!」

A ポイントはかかと部分。

選ぶ基準のひとつとして、かかとが覆われているかを見ましょう。バックストラップも可。ストッキングを着用して生脚は避けてください。冬はタイツでもOKです。

Q「低めヒールってぶっちゃけ何cmまでのこと?」

A 5cm~7cm。

3cm程度だと100%安心、10cmまでいくと周りから浮いてしまいます。細いピンヒールはダメ。ぺたんこバレエシューズは大丈夫です。

教えてくれたのは【相武カントリー倶楽部 支配人 小濱久美さん】

ゴルフは紳士淑女のスポーツといわれ、さまざまな気配りが求められます。服装はそのゴルフ場の品格や伝統を守るために重要なもの。コースによって規定は異なりますが、基本のポイントをおさえておくと良いでしょう。

Regina 2016年秋号より イラスト/いいあい エディター/佐藤繭子

おすすめの記事