ビギナー必見!スマートゴルファーへの道 ゴルフ場の行き帰りスタイル編【1】

マナーがあるスポーツだからこそ、さらりと振舞える女性に憧れます♡いまさら聞けない基本常識から素朴な疑問まで、ズバッと解決しちゃいます!疑問を解決して、デキるゴルファーを目指しましょう♪

ゴルフ場の行き帰りスタイル

プレーする前にまずぶつかる壁。行き帰りやクラブハウス内での服装にもドレスコードは存在します。「ゴルフ場のHPで確認を」というけれど、女性の服装については若干曖昧。OKなのかNGなのか、細かい疑問にお答えします!

Q「どこへ行くときの格好をイメージすればいい?」

A ホテルへ食事にいくつもりで。

クラブハウスはいわゆる「紳士淑女の社交場」です。少しお高めのホテルのロビー内で、浮かない格好を想像してみてください。

Q「クラブハウスへ入場するときの基本スタイルが知りたいです!」

A 1.襟付きトップス/2.ジャケット/3.パンプス

この3つをおさえておけば間違いありません。どのゴルフ場にも対応できる基本のアイテムです。デニムやスニーカーなどのカジュアルな格好やギャルっぽい格好はNG。ポイントを押さえた上で、色や柄などでアレンジしましょう。

Q「夏は暑いし、冬は厚着でもこもこ…。ジャケット着用って、とくに厳しいゴルフ場での話ですよね?」

A 羽織れなければ、手に持って入場するのでも大丈夫。

着用を義務付けるゴルフ場は多いです。着る着ないは別として、持参していると安心。夏季は無しでOKなところも。ちなみにノーカラーでも大丈夫です。

Q「襟付きであれば、ノースリーブでもイケる?」

A 肩出しは基本ナシです。

過度な肌の露出は好ましくありません。コースによってはOKですが、キャミソールやタンクトップがNG事項に記載してあるのと同じだと考えましょう。

教えてくれたのは【相武カントリー倶楽部 支配人 小濱久美さん】

ゴルフは紳士淑女のスポーツといわれ、さまざまな気配りが求められます。服装はそのゴルフ場の品格や伝統を守るために重要なもの。コースによって規定は異なりますが、基本のポイントをおさえておくと良いでしょう。

Regina 2016年秋号より イラスト/いいあい エディター/佐藤繭子

おすすめの記事