Scroll

SPECIAL LIST

いよいよ本格到来、電気自動車の時代【イイオンナのイイクルマ】 

最近、電気自動車についての話題をよく目にしたり、耳にするようになりましたよね。これは日本だけでなく、世界的な流れ。脱炭素化など、環境重視ということで、電気自動車(BEV)に注目が集まっています。日本でも個性的なモデルが続々と登場していますが、電気自動車の先駆けと言えば日産。その日産から登場した最新のEVがSUVのアリアです。

いよいよ本格到来、電気自動車の時代【イイオンナのイイクルマ】

いよいよ本格到来、電気自動車の時代【イイオンナのイイクルマ】

最近、電気自動車についての話題をよく目にしたり、耳にするようになりましたよね。これは日本だけでなく、世界的な流れ。脱炭素化など、環境重視ということで、電気自動車(BEV)に注目が集まっています。日本でも個性的なモデルが続々と登場していますが、電気自動車の先駆けと言えば日産。その日産から登場した最新のEVがSUVのアリアです。

今までにない、未来感あふれたスタイル

今までにない、未来感あふれたスタイル

電気自動車のことをBEVと呼びますが、バッテリー・イー・ブイの略で、純粋にバッテリーとモーターだけで走るクルマのことを指します。つまりエンジンとモーターで走るハイブリッドとは区別されていて、バッテリーに溜めた電気だけで走るということは、排気ガスはもちろん出ません。だから環境や資源にとても優しいということで、今世界が注目しているわけです。100年に1度の変革と言われているのもここにポイントがあります。

そうなると、クルマの価値観というのも大きく変わってくるのは当然です。あとは作りやデザインも。今回紹介するのはリーフでお馴染み、世界的な電気自動車のトップランナー、日産から登場したばかりのアリア。電気自動車作りに長けている日産が作りあげただけに、そのスタイルは未来感を全身で表したものとなっています。ジャンルはSUVでも、新しい価値が詰まっている。そんなスタイルで登場したのが日産のアリアです。

どこから見ても、今までにないデザインをまとっていて、洗練された印象が強く伝わってきますよね。

クルマのデザインはこんなに変わる

クルマのデザインはこんなに変わる

未来感あふれるのは外観だけではありません。車内に一歩足を踏み入れると、そこに広がるのは今までにないシンプルで、広々とした空間。電気自動車は構造がシンプルなので、その分を車内の広さに活かせるというのがメリットです。アリアではさらに細かな部分も、今までにないスタイリッシュなデザインでうまく仕上げています。ただし、ただ未来感やシンプルさを追求しているだけではありません。スピーカーなどは組子細工をモチーフとしていたり、隠れアイコン的に桜をあしらっていたりと、和のテイストを活かした遊び心もあちこちに見つけることができます。日本だからできること。日産だから作れるもの。それがアリアです。

今までにない新鮮なカーライフ

今までにない新鮮なカーライフ

アリアに乗るとカーライフも大きく変化します。当たり前ですが、電気自動車なので、まずガソリンスタンドに行かなくなります。これってかなり大きな変化だったりしますよね。その代わりに自宅や職場、買い物に行った先の駐車場などで充電するのが当たり前に。最近ではゴルフ場にも充電器が設置されているので、ラウンド中に充電しておくという使い方もできます。時間が節約できるし、お財布にも優しいとも言えます。

日産だけに、安全についても万全です。日産がこだわっているのは360度全方位の安全性で、アリアにもしっかりと受け継がれています。日産自慢のプロパイロットを採用しているので、高速道路の移動は楽々、渋滞のストレスも軽減してくれるのはもちろん、駐車もアリアにお任せだったりします。すべてが新しい、それがアリアです。

NISSAN ARIYA B6

NISSAN ARIYA B6

◆全長_全幅_全高:4595×1850×1655mm ◆車両重量:1920kg ◆モーター種類:交流同期電動機 ◆定格出力:45kW ◆最高出力:160kW(218ps)/5950-13000rpm ◆最大トルク:300N・m(30.6kg-m)/0-4392rpm ◆ミッション:─ ◆WLTCモード一充電走行距離:470km ◆定員:5人 ◆価格:5,390,000円
文/近藤暁史【MUSHROOM】 日産自動車 お客様相談室 0120-315-232

NISSAN ARIYA

お問い合わせ