ツアーNEWS 申ジエが逆転勝利! 鈴木愛の賞金女王戴冠はお預け

大王製紙エリエールレディスオープン 最終日結果

「大王製紙エリエールレディスオープン」の最終ラウンドは、申ジエ(韓国)が優勝。今季2勝目をかけ、2打差の2位からスタート、7バーディ・2ボギーとスコアを5つ伸ばし、トータル17アンダーで逆転勝利を飾った。

申ジエ(韓国) 8月の「ニトリレディス」以来の今季2勝目

8月の「ニトリレディス」以来の今季2勝目

申ジエ(韓国) 4勝を挙げた2014年シーズンから4年連続となる年間複数回優勝を達成

4勝を挙げた2014年シーズンから4年連続となる年間複数回優勝を達成

鈴木愛の賞金女王戴冠は持ち越すも、前向きな気持ちで最終戦へ!

今大会で優勝を果たせば、自身初の賞金女王戴冠が確定した鈴木愛は、トータル15アンダー2位で4日間を終え、賞金女王決定はツアー最終戦「LPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ」へ持ち越しとなった。

鈴木愛 賞金女王決定はツアー最終戦「LPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ」へ持ち越し

賞金女王決定はツアー最終戦「LPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ」へ持ち越し

「もともと今週は予選通過が目標でしたし、強い風で寒い中ここまでよく頑張ったと思います」と、スコアを4つ伸ばした今日のプレーに本人は納得の表情。「良いゴルフができた。ほとんどいいショットだったし、来週につながると思う。悔いなく最終戦に行けるし、しっかり賞金を稼げたことでモチベーションは高いです」と、来週の試合で頂点へと向かう。

鈴木愛 今大会のゴルフに本人も満足。来週への自信につながった

今大会のゴルフに本人も満足。来週への自信につながった

鈴木愛が賞金女王になるには

今大会で、賞金ランク3位のイ・ミニョン(韓国)はスコアを3つ落とし、トータル9アンダー12位タイでフィニッシュ。同ランク2位のキム・ハヌル(韓国)はトータルイーブンパー42位タイと下位に沈んだ。

来週はいよいよ運命の最終戦。鈴木愛が単独6位以上なら文句なし、それ以下でも賞金ランク2位以下のキム・ハヌル、イ・ミニョン、申・ジエの3人が優勝しなければ自身初の賞金女王となる。

最終結果

優勝:申ジエ(-17)
2位:鈴木愛(-15)
3位T:森田遥(-14)
3位T:東浩子(-14)
5位:上田桃子(-13
6位:全美貞(-12)

 

おすすめの記事

  
 
 

Recent articles 最近の記事

  1. リゾート感溢れる華やかなスタイルを発表

Recommended articles 注目記事

  1. リゾート感溢れる華やかなスタイルを発表
  2. パーソナル パワープレート(R)7+ゴルフを体験する藤田プロ

Instagram Feed

Something is wrong. Response takes too long or there is JS error. Press Ctrl+Shift+J or Cmd+Shift+J on a Mac.