予約殺到のレッスンプロ・木原睦美が教える100切り女子への道② アプローチ編2

毎週150人以上の生徒にレッスンをしているという木原睦美プロが教える100切り女子への道。アプローチ編の2回目はラフからのアプローチです。芝の抵抗に負けて、距離感を合わせるのが難しいと思いますが、ちょっとした工夫でその悩みを解消できます。

クラブフェースを開いた後に、手元の位置を下げて構えてみましょう

ラフに埋まっているボールを打つには、芝の抵抗に負けないようにある程度のヘッドスピードが必要です。ところが、クラブをしっかり振り抜くと、スピンがかかりにくいライだけに、ボールはピンを大きくオーバーしてしまいます。それを防ぐために、クラブフェースを開きましょう。

フェースを開くと、フェース面は目標の右を向くと同時に、スクエアに構えたときよりも上を向きます。この状態で振ると、ボールは高く上がりますが、目標の右に打ち出されます。そこで、両手の位置を少し下げてみましょう。フェース面が目標を向くと同時に、より一層上を向きます。この状態でボールを打つと、目標に向かってかなり高く上がります。芝の抵抗に負けないようにヘッドスピードを速めても高く上がるだけなので、ピンを大きくオーバーすることはありません。スピンがかからないライでもボールの高さで止められるので、ピンそばにつけるチャンスも出てきます。

目標に対してスクエアに構える。フェース面は目標に向き、ボールはロフトどおりに飛ぶ

クラブフェースを開く。フェース面は目標の右を向くと同時に先ほどよりも上を向く

上体の前傾を深くして、フェース面が目標を向くまで両手の位置を下げる。フェース面はさらに上を向く

ラフから打つ場合、クラブフェースを開くと、ボールの下をクラブヘッドが潜ってしまうのではないかと心配する人もいるでしょう。確かに、よく見られる光景ですが、その原因は、アドレスのときよりもインパクトで頭の位置を下げているからです。頭の高さをキープしたまま振り抜けば、ダルマ落としになる心配はありません。

アドレスでの頭の高さをしっかりとキープする

頭の位置が下がると、インパクトの位置もボールより低くなり、ダルマ落としになる

頭の高さが変わらなければ、フェースを開いてもボールをしっかりとらえることができる

この記事は動画でも楽しめます。「Golf Net TV」トップページはこちら

https://front.golfnettv.com/

番組URLはこちら

https://front.golfnettv.com/p/VOD_LDY_BG180347_06
※アーカイブ番組をご覧いただくには、Golf Net TVへの会員登録が必要です。

おすすめの記事

  
 
 

Recent articles 最近の記事

Recommended articles 注目記事

  1. マナラ ホワイトパウダーマスク

Instagram Feed

Something is wrong.
Instagram token error.